このページの本文へ

日本マイクロソフト、「Surface RT」の販路を約1500店舗に

2013年05月17日 16時00分更新

花田祐輔(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 売れ行き不調がささやかれるマイクロソフトのタブレット端末「Surface RT」だが、日本マイクロソフトは販路を拡大し、巻き返しを図る。同社は16日、同製品の販売パートナーとして新たに、エディオン全店および100満ボルトの主要店舗と、ケーズデンキグループが展開する主要店舗が加わることを発表した。17日よりそれらの店舗で販売が開始される。

 これまで同製品は、マイクロソフトのオンラインストア「Microsoft Store」のほかに、ビッグカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの各グループ合計約1000店舗で販売されてきた。今回、エディオンとケーズデンキの2つの量販店グループが加わることで、取り扱い店舗は全国で合計約1500店舗に拡大する。

 Surface RTは米国などで昨年10月に発売されたが、Bloombergの報道によれば今年3月の時点での累計販売台数は100万台強で、これはマイクロソフトが昨年第4四半期に見込んでいた200万台を下回ったとしていた。

 なお、日本では今年3月15日に発売されたが、日本マイクロソフトは今回のパートナー拡大の発表に際し、同製品について「タブレットの基本機能に加え、本体のハードウェアデザイン、キーボード付タッチカバーおよびタイプカバー、USBポートやmicroSDスロットの装備、そしてOffice 2013 RT標準搭載などが高い評価を得ており、『進化したタブレット』としての認知が着実に進んでいます」とコメントしている。

Surface RT
Surface RT

■関連サイト

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ