このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第121回

電子回路の持つ「固有の音楽」とは?

中古のオモチャが楽器に!? 誤用から生まれる音

2013年05月11日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

確実にできるサーキットベンディング

改造で付けた可変抵抗のツマミを回すとサンプリング音声のピッチが劇的に変わる

―― なんですかこれは。

船田 その本はサーキットベンディングについて触れているわけです。既存の楽器やオモチャを改造して、違う音を生み出すテクニックや表現の総称ですね。ハックという言い方を何にでも使うようになる前から使われてた言葉。グリッチとかに通じるもの。で、僕はサーキットベンディングは否定派だったわけですよ。

―― あれっ、それはまたどうして。

船田 偶然に左右されることが多いから。このオモチャでこういう音が出るなんて、最初は分からないわけですよ。だけど、この本には、まず中を開けて「この抵抗を見つけろ」とずばっと書いてあるわけ。

―― 実は確実なとっかかりがあるわけね。

船田 クロックの周波数を変える抵抗が、こういうチープな玩具には必ずあるはずだから、それを舐めた指で触れ、と書いてある。

―― はっはっは。

船田 それを信じて探すと抵抗あるのね。このオモチャの場合は、そこだけちょっと精度の高い、青い抵抗が使われていて、それをぺろっとナメた指で触ると、音が変わるのね。すると、今からお見せするようなものができるんですよ。これは時計の読み方を覚えるオモチャなんだけど、クロックの周波数が変わるように、抵抗を取っちゃって、別の可変抵抗を入れたんです。

―― ああ、時間を読み上げるサンプリング音声のピッチが変わると。でも、そんなアナログな方法で変えられるんだ。クロックは水晶じゃないの?

船田 こういう古いオモチャは、抵抗とコンデンサーの発振回路でクロックを作っているんです。最近の高度なオモチャは水晶で発振しているので、そう簡単には変えられない。だから「古い、安い、でかいオモチャを探せ」とその本にも書いてある。

―― なるほどね、簡単に使えるオモチャと、そうでないオモチャの見分け方もあるわけだ。

ピッチを上げ過ぎると暴走するのでリセットスイッチも完備

時計の針を動かすと読み上げるサンプリング音声が変わる

船田 で、これね、早くし過ぎると暴走するので、ここにリセットスイッチを付けたんですよ。あと、こういうツマミの色に拘るのが楽しみ。

―― やっぱ、喋る系は面白いよね。

船田 単に発振音のピッチが上がったり下がったりするだけでは、音色の変化が分かりにくい。喋る系だと、人にも分かりやすいからね。で、次はこれなんだけど。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン