このページの本文へ

携帯電話専門店でも販売拡大

買い替えサイクルは1.7年 拡大が続くスマートフォン市場

2013年05月09日 20時32分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは、携帯電話専門店・家電量販店におけるスマートフォンの販売動向を発表した。

 スマートフォン販売は、2013年に入ってもプラス成長を続けており、販売の多い1-3月期は数量前年比9%増となり、過去最高の販売台数を記録した。スマートフォン好調の背景には、フィーチャーフォンからの移行に加え、スマートフォンからの買い替えがあるという。スマートフォン市場が急拡大した2010年から2年が経ち、割賦支払いを終えたスマートフォン利用者が端末を順次買い替えている。

 またスマートフォンの買い替えのサイクルの短さも好調の追い風となっている。GfK Japanが2012年10月-12月に実施した消費者調査では、スマートフォンからスマートフォンへの買い替えサイクルは1.7年、フィーチャーフォンを含めた携帯電話全体の買い替えサイクルの3.3年(2012年、内閣府の消費動向調査)よりも短いという結果が出ている。

2013年1-3月期に過去最高の販売台数を記録

 スマートフォン市場拡大は携帯電話専門店にも影響を与えている。スマートフォン販売では家電量販店が先行していたが、スマートフォンコーナーの増床や、より広い店舗への移転といった取り組みにより専門店におけるスマートフォン販売は2013年1-3月で数量前年比14%増となり、スマートフォン全体のプラス成長を牽引した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン