このページの本文へ

【ソフトバンク夏スマホ】5型フルHD機に94g超軽量スマホも! 第11回

【フォトレポ】ソフトバンクの夏スマホを激チェック!

2013年05月08日 20時30分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

放射線測定機能がさらに進化
「AQUOS PHONE ss 205SH」

 幅約60mmとスリムで持ちやすいAQUOS PHONE。OSは今夏モデル唯一のAndroid 4.1だが、1.5GHzデュアルコアCPUや4型液晶のほか、有効1310万画素の背面カメラや2080mAhバッテリーなど基本機能は充実。

 カラバリは今夏最多の5色。流行のマットな手触りと丸みを帯びたデザインがカワイイ。なお本機もバッテリーはユーザーによる取り外しは不可。

4型液晶搭載でコンパクトな「AQUOS PHONE ss」

カラバリは4色で女性に人気が出そうなカラーが中心

 旧機種の「PANTONE 5 107SH」で好評だったという放射線測定機能を引き続き搭載。混乱を避けるため、測定結果の共有は今回も非対応である。ただし測定時間は旧機種107SHから半減し、約1分ですばやく測定できる。

放射線測定は1分で可能になった

 旧機種の107SHは正面下部の物理キーをカスタマイズできなかったが、205SHは「クイック起動キー設定」で物理キーの長押しと短押しにそれぞれ任意のアプリやショートカットなどを割り当てられる。代わりに、旧機種のように物理キーの長押しで放射線をすばやく測定できなくなったため、測定開始までに最小2アクションが必要である。

正面下部のキーをカスタマイズして、任意のアプリを起動するのにも使える

AQUOS PHONE Xx 206SHと同様、イヤホン端子とUSB端子の双方にキャップのないダブルキャップレス防水なのがうれしい

世界最軽量の防水スマホ!
「DIGNO R 202K」

 京セラのDIGNOシリーズがau、ウィルコムに続いて、ソフトバンクに初登場(京セラ製スマホ自体はHONEY BEEシリーズでリリース済)。重量級スマホが増加する中、94gというボディーは模型? と疑うほど、とにかく軽くて持ちやすい。防水スマホで世界最軽量としている。

 ボディーは幅60mmとスリムだが、画面は4.3型と比較的大きい。黒のみ背面下部が青のグラデーションになっている。ピンクとミントは前面下部にうっすらと模様入り。よく見ないと気付かない遊び心が、楽しい。

画面サイズの割に軽いので、手にした瞬間アレッと思うほどだ。カラーも魅力的

 ロック解除をどこからでもできるのが面白い。指を当てた場所にロック解除ボタンが現れ、すばやく解除できる。

どこからでもロック解除できる

 なお、AQUOS PHONEと同様、こちらもダブルキャップレス防水。バッテリーは取り外せず、有償交換修理となる。他の機種と同様、バッテリーの交換費用は未定。

防水スマホと軽量を両立させるため、バッテリーの取り外しは不可。キャップレスはこだわりの1つで、キャップ分の重量も節約したという

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン