このページの本文へ

【ソフトバンク夏スマホ】5型フルHD機に94g超軽量スマホも! 第11回

【フォトレポ】ソフトバンクの夏スマホを激チェック!

2013年05月08日 20時30分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ARROWSらしい超高機能端末 バッテリーも大きい
「ARROWS A 202F」

 「AQUOS PHONE Xx 206SH」と並ぶ超高機能端末。ワンセグに加えフルセグも視聴できるが、フルセグの録画はできない。電波の受信状態により、フルセグとワンセグを自動で切り替えるように設定できる。

こちらもフルセグチューナーを搭載。ただし、AQUOS PHONE Xxと異なりフルセグの録画は不可

充電スタンドが付属するが「AQUOS PHONE Xx 206SH」と異なり、同軸アンテナケーブルは差し込めない

 大容量3020mAhバッテリーの搭載と省電力の徹底で、1回のフル充電で最大2日間の長時間駆動が可能(説明員)。ただし、裏ブタは開かず、バッテリーの交換には対応していない。

3000mAh超のバッテリーとエコ機能で、2日間の連続利用が可能という

 本体内蔵のストレージ(ROM)容量はスマホ最大クラスの64GB。さらに64GBのmicroSDXCを利用すれば、最大128GBというPC並みの容量を確保できる。

 また、画面の大きさを感じさせない工夫がユニーク。ディスプレー表示タイプのメインキーの右端にある矢印をタップすると、画面全体が2~3cmほど下降し、通知領域の上の方まで親指が届きやすくなる。大画面と片手操作を両立させるための工夫だ。これはどのアプリでも利用できる

ストレージの空き容量がたっぷりなのがうれしい。高解像度カメラも存分に活かせそう

右下の矢印を押すと画面表示の上半分が下側にスライドされ、親指でも届くようになる

 富士通ならではのヒューマンセントリックを用いた機能も健在。「水平時すぐにスリープ」にチェックしておくと、スマホを机の上などに置いた場合に、画面のスリープ設定に関係なく、約5秒後に強制的に画面が消灯する。使わないときは、よりこまめに節電できるというわけだ。

「水平時すぐにスリープ」は机の上に置けば、自動的にスリープされる機能だ

 底部のUSB端子はキャップ付きだが、上部のイヤホン端子はキャップのないキャップレス防水である。「キャップの紛失防止と見た目のよさからキャップレス防水の需要は高い」(説明員)とのこと。

イヤホン端子はキャップレスで防水対応。USB端子はキャップ付きでちょっと惜しい

 背面には富士通製端末ならではの指紋センサーを搭載。指先でなぞり、画面ロックをスムーズに解除できる。

指紋センサーでセキュリティーも確保できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン