このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

じゃあ、いつ撮るのか? 今でしょ! ニコニコ超会議2013 まとめレポート 第14回

岡村隆史も来た! プロ・アマ入り乱れる超会議ステージまとめ

2013年05月05日 16時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トーク中心で笑いが絶えなかったBLUE STAGE

 東京国際展示場はホール3と4の間で区切られており、超会議ではホール1〜3が企業ブースに割り当てられていた。そのホール3の一角に用意されていたのがBLUE STAGEだ。RED STAGEとは打って変わってトークメインの構成で、27日は12時30分から「〜超ヴィジュアルバトルロイヤル〜 『PS COMPANY春の超運動会2』 -V-1 グランプリ 2013-」、15時30分から「西川貴教の超イエノミ2!!」、28日は11時から「世界コスプレサミット ニコニコ代表選考会」、15時30分から「中川翔子の『超しょこたんのヲ』」というラインアップになる。


〜超ヴィジュアルバトルロイヤル〜 『PS COMPANY春の超運動会2』 -V-1 グランプリ 2013-

 Alice Nine、ViViD、ダウト、SCREWといった、PS COMPANYに所属するビジュアル系バンドが登場。せっかくのビジュアル系なのに演奏させずに体力勝負で競わせて、優勝しても最新PVをフルでオンエアしてくれるだけという謎な内容だ。

 競技は、モップなど棒状のものを持って万歩計を揺らす「超エアギター20秒リレー」や、ドライアイスを投げて相方の背中にあるバケツに入れる「超ドライアイス玉入れ」など出演者の体を張ったものばかり。全力のパフォーマンスで会場/ネットの両方を大いにわかせて、優勝したViVIDが「ANSWER」のPVを流して終わった。世界でも人気のビジュアル系ということで、ネットの生放送ではスペイン語のコメントも飛び交っていたのが印象的だった。

Alice Nine

SCREW

ViVID

そしてダウト……とフリーザ様!? 実は昨年のピッコロに引き続きメンバーのミナセさんがドラゴンボールのコスプレで登場していた


西川貴教の超イエノミ2!!

 ニコニコ生放送のレギュラー番組「西川貴教のイエノミ!!」を超会議の会場で再現したステージだ。メインMCはT.M.Revolutionの西川貴教、アシスタントが岩﨑名美で、「家飲み」のようにアットーホムな感じでゲストとトークする。超会議では5人組アイドルの℃-uteと、3月末に出所したばかりのホリエモンが呼ばれていた。

 今年で12年目という5人組アイドルの℃-uteは、花畑牧場の生キャラメルプレミアムなどをお土産に登場。「他のメンバーはどんな人?」というテーマでは、「鈴木愛里はいい話をしていても滑舌が悪くて聞き取れない」や「岡井千聖は電車の発車まで5分しかないのに平気でプリクラを撮ろうとする」といった回答が飛んでいた。

 ホリエモンは、超会議の会場で販売していたホリエモン弁当と行きつけの寿司屋の舟盛りをお土産に登場。「刑務所の行事で思い出深かったのは?」という質問に「お花見」と答えるなど、獄中生活を暴露していた。


世界コスプレサミット ニコニコ代表選考会

 世界20か国以上が参加するコスプレイベント「世界コスプレサミット」。そのニコニコ代表枠を決めるイベントが「世界コスプレサミット ニコニコ代表選考会」だ。2人1組でチームを組んで、ステージで最大2分半の演技をしてもらい、パフォーマンス/コスチューム/原作へのリスペクトの3項目で得点を付けて競うという内容だ。

 今回優勝したのは、「Final Fantasy VII」のクラウドとカダージュを再現し、ステージ上で殺陣を披露した「NoiR」の2人。6月に開催する日本代表最終選考にコマを進め、そこで勝ち上がれば8月の本戦で各国の代表と火花を散らすことになる。

NoiR

代表選考以外に、企業や一般のコスプレイヤーも舞台に上がっていた


超しょこたんのヲ in ニコニコ超会議2

 BLUE STAGEのトリは、ゲストを呼んであらゆる「オタク道」を追求していくニコニコ生放送のレギュラー番組「しょこたんのヲ」を超会議で再現したステージだった。出演は、中川翔子とアメリカザリガニの柳原哲也。ゲストは元お笑い芸人で、3万人芸能人を占ってきたというゲッターズ飯田。

3人のトークに花が咲く

 中川さんは、ネットアンケートの結果、結婚について占ってもらうことになったが、「結婚できる気がしない。旦那には遠洋漁業とかに行っててほしい。子供は生みたいが旦那が家に居るのは嫌だ。誰ともしゃべらないATフィールドを作りたい。『モンハン』とかでちょっと一緒に行こうよみたいなのはいいけど、ここはドラクエの時間みたいな……」と上げ気味のテンションでこぼしていた。

 ゲッターズさんは、「結婚のチャンスは3回ある。最短で2014年。新しい出会いが2013年末から来年にかけて一人、めっちゃ陽気な人が来ます。あとは2016年と2020年。それを逃したら本当にヤバい」と未来を見ていた。

 ドワンゴの夏野取締役も占ってもらったが、「根がまじめな人なので地道にコツコツ努力家ですが、友達が全く居ない方。職人タイプなので自分がこうと決めたら突き詰める、なぜこれができないのかと人を追いつめる。マイナス思考なので、まずダメなことを考えてしまう癖がある。あとおっぱいが大好き」とバッサリ。中川さんは「私もそうですよね、ぼっちでネガティブで、握手会で女の子きたら揉むからね」と謎の賛同を見せていた。一方で「今年から6年半の闇が終わって、運気が上昇して2015から爆発的によくなる。3年後に莫大な財産を稼ぐ」といい話も加えていた。

 ほかには「今年の勝負パンツは?」というお客さんからの質問に「形はひらひらしたパンツがいい。上品な人が運気が上がってるので、品のあるパンツがいいです」と返答。中川さんは「全部布パンツで、しかも買ってくると全部(母親の)佳子にはかれるんですけど」と家庭を暴露して、大いに会場を笑わせていた。


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン