このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

じゃあ、いつ撮るのか? 今でしょ! ニコニコ超会議2013 まとめレポート第14回

岡村隆史も来た! プロ・アマ入り乱れる超会議ステージまとめ

2013年05月05日 16時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 27、28日に実施し、幕張メッセを熱狂の渦で包み込んだniconicoの祭典「ニコニコ超会議2」。今まではブースの展示をまとめてきたが、今回の記事ではオフィシャル写真を引用しつつライブステージの様子をお伝えしよう。具体的には「超歌ってみた のど自慢ステージ」や「超踊ってみた」、「超演奏してみた」、「RED STAGE」、「BLUE STAGE」だ。


ナイナイ岡村もめちゃめちゃ上がった!
歌/踊/演奏の「やってみた」ステージ

 超会議2には「つくるのは、あなたです」というキャッチフレーズがある。単にお客さんとして来て、一方的にもてなしてもらうのではなく、自分もステージに上がる側に回って、みんなで楽しもう、盛り上がろうという意味だ。ドワンゴという企業が運営してるイベントながら、コミケのような同人イベントの流儀も含まれているというのが面白い。

 実際、「歌ってみた」や「踊ってみた」、「演奏してみた」のブースでは、有名ユーザーだけでなく、その場で呼びかけたり、事前に応募した普通のユーザーを舞台に上げる企画も用意していた。素人のパフォーマンスで盛り上がるの? いや、これがスゴいんです。

「世界一豪華なカラオケ」とも呼ぶべきプロによる豪華な演出がスゴい

 特に「超歌ってみた のど自慢ステージ」では、歓声が絶えなかった。単純に当選した人がステージの上に上がってカラオケするだけなのだが、まず舞台がえらく大きい。サポートするのがニコ動の関連ライブ施設「ニコファーレ」のスタッフということもあって、ライトやスモーク、シャボン玉といった演出も本気すぎる。ほかのユーザーがバックダンサーとして舞台に上がってくれることもあって、周囲のブースを圧倒するほど半端ない盛り上がりを見せていた。1日2回、できるだけ多くのユーザーを舞台に上げてみんなで合唱する企画も熱気がすごかった。

 28日には、ナインティナインの岡村隆史がフジテレビの「ゼロテレビ『めちゃ×2ユルんでるッ!』」のロケで記者として来場し、この「歌ってみた のど自慢ステージ」や「踊ってみた」のブースを体験。「歌ってみた のど自慢ステージ」ではZOOの「Choo Choo TRAIN」を無茶ぶりされて、「歌ったことないんですけど」といいつつも歌い上げて「ありがとうございました。本当に楽しかったです。来年はフリも完璧に覚えてこの場所に戻ってきます」と楽しそうに舞台を去っていった。

「踊ってみた」ブースでは、6歳の踊り手、りりりちゃんが「リリリリ★バーニングナイト」を踊る様子を見て真似して、キレのいい動きを披露していた
超歌ってみた のど自慢ステージ大合唱になるとこんなに人が増える

超踊ってみたブース

超演奏してみた

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン