このページの本文へ

電通など5社、FB活用の「ソーシャルまちおこし」開始

文●通販通信

2013年04月30日 00時43分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 電通は4月25日、umari、オールアバウト、ダブルクレイン、電通テックと共同で、生活者がFacebookを通じてさまざまな形で地域活性化策に参加・関与できるサービス「いいね!JAPAN『ソーシャルまちおこし』」を開発し、同日より運用を開始したと発表した。

 『ソーシャルまちおこし』では、「体験する」「買う」「寄付する」「アイデアを出す」の4つのアクションプログラムを用意。生活者自身が具体的な地域課題に対して、実際に参加・関与ができる場や機会を提供する。

 また、中央省庁、地域行政、企業、NPOなどに対しても『ソーシャルまちおこし』の場を提供し、地域活性化策のアイデア募集、社会貢献につながる自社の商品/サービス・ブランドによる地域プロモーション、地域イベントへの集客などの案件で活用できるようにする。

 5社は4月から、Facebookを活用して、地域から日本を元気にする「いいね!JAPANプロジェクト」を展開しており、『ソーシャルまちおこし』は「いいね!JAPAN」プロジェクトの第2弾となる。

 ■「いいね!JAPAN」(http://iine-japan.f-navigation.jp/socialmachiokoshi/
「Facebookページ」(http://www.facebook.com/iinejapan.socialaward

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く