このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

富士見iPhoneクラブ 第132回

iPhoneクラブ、マカンコウサッポウで天下一をめざす!?

2013年05月02日 14時00分更新

文● iPhoneクラブ製作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「へのつっぱりはいらんですよ」(カリー)
結局、iPhoneでマカンコウサッポウってどうなの?

カリー それで撮りたい構図としては、『キン肉マン』の「フェイスフラッシュ」を……。

ジェイソン えっ、ドラゴンボールじゃないの!?

ニッシー びっくりするよね。こういうところがカリーさんの空気読めないところですよ。

カリー そこまで言わなくてもいいじゃないですか!

じまP フェイスフラッシュというと、キン肉マンを始めとする「キン肉族」の中でもごく一部の者が使える技ですね。マスクを外して素顔から発する光線により、ドブ川の水をきれいにするなどの奇跡を起こすという。今日は僕、本当に説明役になっちゃってますけど。

カリー そう。ジェイソンさんのフェイスフラッシュで、俺たちが吹っ飛ぶ、みたいな。

ニッシー そんなシーン、作中にあったっけ。

ジェイソン そもそも、何で俺のマスクから光が出てくるのかわかんないんだけど……。

カリー いいからさっさと飛ぶ! もう、撮影疲れで吐きそうなんですよ。マカンコウサッポウカメラだけじゃなくて、「集中線」アプリで集中線も付けてみよう。よりマンガっぽくなるし。

じまP もう、マカンコウサッポウでもなんでもないですね……。

集中線 App
価格無料 作者Nippon Computer Co.,Ltd
バージョン1.2 ファイル容量620 KB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降

リア充族の王子・ジェイソンさんのフェイスフラッシュで、iPhoneクラブメンバーのドブ川のような心を浄化してもらおう。集中線を付けるアプリでよりマンガチックにしてみた

今回の撮影で一番ひどかったのがこちら。マカンコウサッポウカメラと集中線の合わせ技だが、ゆるふわなメンバーをして「編集からダメ出しが出ないとは思えない」と青くなった一枚。ちなみにニッシーさんはただ起きているだけに見えるが、腹筋を使って必死に跳ねている

じまP (確認して)うわあ……。やっちゃいましたね、僕ら。

ニッシー この出来はひどいな! これをASCII.jpに掲載していいのかっていうレベルだよ。

カリー やっぱりセルフタイマーは難しい……。シャッタースピードがいじれないし、よほどタイミングを合わせる練習をしないとダメですね。連写できるアプリもあるけど、それにだって限界があるし。

ニッシー そもそも、ちゃんとやるなら一眼レフとかを使った方がいいよね。安定してるし、撮りやすいし。

カリー いや、そこはiPhoneクラブなので……。

ジェイソン まあ、当たり前といえば当たり前のことなんだけど。「マカンコウサッポウを撮りたければデジカメで」っていう。

じまP 無理やりiPhoneでの撮影ポイントをまとめると、「アプリで面白いのが撮れる手軽さがいい」、「ただしシャッタースピードや連写はアプリを使っても限界がある」、「セルフタイマーは難しいので、人に撮ってもらうのがベター」。そんなところですか。

カリー じゃあ、それがとりあえずの結論ということで、iPhoneでもなんとかなるぞと。有意義な企画だったじゃないですか。

ジェイソン ……あのさ、俺は部外者だからどうでもいいっちゃどうでもいいんだけど、今回の企画って成功してるのかな。

カリー 大丈夫です。写真は面白いですから。

じまP もしこれが面白いとしたら、マカンコウサッポウが良かったからじゃなくて、大の大人が覆面被ってわたわたしてるせいなんじゃないですかね……。

ニッシー 正直撮影は楽しかったけど、それより会議室で延々跳んだり跳ねたりして、下のフロアの人が怒ってないかが心配だったよ! 下も同じ会社だからまだいいけど。

写真はともかく、終始和やかな撮影風景でした。しかし度重なるジャンプは中年の体力にこたえたようで、全員気持ち悪そうに帰宅していった

 というわけで、2013年度最初のiPhoneクラブは、メンバーもびっくりのグダグダ具合になってしまったのでした。役に立たなさは相変わらずですが、ともかく、今年度もゆるふわに頑張っていきます……。


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中