このページの本文へ

アップル、WWDCチケットが約2分で完売

2013年04月26日 16時00分更新

花田祐輔(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルが25日に発売した開発者向けイベント「Worldwide Developer Conference(WWDC) 2013」のチケットが、わずか2分で完売した。約10年ぶりに純利益が減益となるなど、これまでの順調な成長にも陰りが差しはじめ、大きな岐路に立っているアップル。今後の戦略に注目が集まるが、そんなアップルに対する開発者の注目度の高さがあらわれた形だ。

 同イベントのチケットは25日午前10時(現地時間)にアップル公式サイト上で販売開始されたが、それからわずかな間に「Sorry, tickets are sold out.」と、完売したことがアナウンスされた。米メディアTHE VERGEの計測によれば、発売から完売までの時間はわずか2分だったという。

 WWDCは、アップルが毎年5~8月頃に開催している恒例のイベント。アップルの新製品などに関する最新情報が発表される場として注目を集め、その規模は年々大きくなっているが、同時にチケット完売までのスピードも上がっている。それでも、完売までに掛かった時間は、今回と同会場で行われた2011年で約12時間、同じく2012年は約2時間で、今回の「2分」は過去最速。次なるアップル製品に対し、いかに開発者の関心が集まっているかがうかがえる結果となった。

 WWDC 2013は現地時間6月10日~14日の5日間、米サンフランシスコのMoscone Westで開催される。

wwdc sold out
チケットは1599ドルで販売されたが、早くもオークションサイト等にて高値で取引されている

■関連サイト

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ