このページの本文へ

旅行に出張に大活躍!

ホテルの有線LANをWi-Fi化できる「小型ルーター」を比べたぞ!

2013年04月27日 21時00分更新

文● コヤマタカヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手軽に接続できるシンプルさが魅力の米Kanex製ルーター

スティックタイプの中では若干大きめのKanex mySpot

初期設定ではパスワードロックがかかっていないため、すぐに接続できる。

 とにかく簡単に、ホテルなどの有線LANをWi-Fi化して、iPhoneやiPadなどで接続したいという方向けなのが、フォーカルポイントのKanex mySpot だ。無線規格はIEEE 802.11b/gのみに対応し、高速通信のできるIEEE 802.11nには非対応と、他の製品と比べると見劣りする部分は少なくない。

 一方、購入時の設定ではあえてセキュリティーの設定がされておらず、パスワードなどを入力することなく利用できる。

 もちろん、パソコンに接続して設定画面を呼び出すことでセキュリティーの設定が可能。利用できる暗号化機能は「WEP」のみではあるが、最低限のセキュリティ-は確保できる。ビジネスユースで利用するには、セキュリティー機能の甘さや速度面での不満が発生するかもしれない。

 プライベートユースで、スマートフォン用にWi-Fiを共有したいといった使い方におすすめできそうだ。


公称値300Mbpsに対応した高速モデル

Wi-Fi機器としては定番のAOSSに対応するWMR-300

 国内では無線LAN製品の代名詞ともいえるほど、よくみかけるAirStationシリーズを展開するバッファローからも、ついに小型無線LANルーターWMR-300が登場した。一番の特徴は、最大300Mbpsの倍速モードに対応することだ。

 ルーター本体はスクエアな形状。ほぼ同サイズで本体と合体のできるケーブル収納ケースが付属しており、LANケーブルを収納することが可能。このため、いちいちホテルなどでLANケーブルを借りる手間がかからない。

本体とほぼ同サイズのケースにLANケーブルが収納可能。

 パソコンやWi-Fi機器の接続は、同社ワイヤレス製品に共通の簡単接続機能「AOSS」を搭載しており、本体正面にあるAOSSボタンを押すだけで簡単に接続が可能。このほか、スマートフォン用にはQRコードを読み込むことで接続設定のできる専用アプリも用意。QRコードは本体背面に貼り付けられてるため、簡単に設定することができた。

 WMR-300だけの機能として便利なのが、インターネット接続だけを許可する「ゲストポート」機能を用意すること。ゲスト専用のSSIDからのアクセスでは、ネットワーク内のパソコンにアクセスできないため、セキュリティーを確保しながら、お客さんにネット回線を提供できる。オフィスなどで活用できそうな機能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン