このページの本文へ

旅行に出張に大活躍!

ホテルの有線LANをWi-Fi化できる「小型ルーター」を比べたぞ!

2013年04月27日 21時00分更新

文● コヤマタカヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

約17gの最軽量で気軽に携帯できるスティック型タイプ

スティックタイプのWN-TR2K。給電用に使用するUSBケーブルが柔らかくよれやすかった。

スマートフォン用の接続アプリ「QRコネクト」でプロファイルをインストールできる

 アイ・オー・データ機器のWN-TR2K はほぼUSBメモリーと同サイズのスティック型タイプ。本体に電源供給用のUSBケーブルを収納しており、パソコンやUSB端子を接続できるACアダプターと繋ぐことで、簡単に利用することができる。

 LANケーブルを接続してしばらく待つとパソコンの画面上にSSIDが表示されるため、初期登録されているパスワードを入力することで接続が可能。USBケーブルの脇にWPSボタンも装備しており、「ニンテンドーDSi」などのポータブルゲーム機も簡単に接続できる。

 また、iOS、Android端末向けに専用アプリを用意。付属のQRコードを読み取るだけで、パスワードを入力することなく接続できる。ただし、本体サイズが非常にスリムなため、用意されているQRコードを本体に貼っておくといったことはできなかった。

 メーカーサイトでは出荷時設定だけでなく好きなSSID、パスワードを登録したQRコードの作成機能を用意している。

 本体カラーはブラックとホワイトがある。


パソコンからの有線LAN接続もできるスティック型ルーター

ちびファイ2 MZK-UE150Nは正面にLEDを装備し状態がわかりやすい。

 Wi-Fiルーターとしての機能に加えて、USB-LAN変換アダプターとしても利用できるのが、プラネックスコミュニケーションズ「ちびファイ2 MZK-UE150N」 だ。一般的なUSBメモリをひとまわり大きくした形状にUSB端子を装備。有線LANケーブルを接続することで、小型のWi-Fiルーターとして利用できる。

 USBケーブルを本体に収納しており、手軽にパソコンやACアダプターと接続でき、スマートフォン用の接続アプリに加えて、Windows用、Mac用の専用接続ツールも用意。Wi-Fiに関する知識が浅い方でも手軽に利用することができそうだ。

 本体には、接続状態を示す3つのLEDを装備し、繋がらなかった場合でもその原因がわかりやすいのが魅力。また、WPSボタンも本体正面に装備しているため、手軽に利用できる。

パソコンと直接接続することでUSB-LAN変換アダプターとしても利用できる。

 パソコンからの接続時はUSB端子から電源を供給している場合は有線LAN接続として、外部電源を利用している場合はWi-Fiで利用できるなど自由度が高い。また、ニンテンドーDSなど、セキュリティ機能にWEPしか対応していないポータブルゲーム機でも安心して接続できるマルチSSIDにも対応。コンパクトながら高機能を備えているのが魅力だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン