このページの本文へ

電子書籍サイトで好評なのはアマゾン「Kindleストア」

2013年04月25日 16時00分更新

文● 加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 電子書籍閲覧用の電子書籍リーダーやアプリのほか、コミックや小説、雑誌などの電子書籍コンテンツが各社から次々とリリースされているが、インターネットコムとgooリサーチが実施した調査によると、電子書籍を購入したことがある人はまだ16.1%。電子書籍市場はまだ発展途上にあるようだ。

 同調査は、4月5日~10日に全国10~60代以上の男女1076人のインターネットユーザーを対象としたアンケート調査。電子書籍の購入経験者は少なかったが、購入目的として挙ったのは「娯楽(趣味や楽しむための本)」(88.4%)や「勉強」(22.5%)、「仕事」(13.9%)。購入時の利用端末(電子書籍の閲覧に利用する端末)は「PC」(44.5%)、「Android スマホ」(27.2%)、「iPhone」(23.7%)、「iPad」(17.3%)、 電子書籍リーダー(10.4%)、「Androidタブレット」(9.2%)となった。PCを除くモバイル端末ではスマホの利用が多く、専用端末となる電子書籍リーダーはまだまだ普及していないのが実態となっている。

 そこで、電子書籍の購入時に利用したサイトについての調査結果では、トップとなったのは「アマゾンKindleストア」(32.9%)。2位は「iBook ストア」(23.7%)で、以下、「楽天 Kobo」(13.9%)と「電子書店パピレス」(13.3%)が続いている。また、使い勝手のよいサイトとして挙ったのは、購入サイトと同様、「アマゾンKindleストア」(28.9%)、「iBook ストア」(20.8%)、「電子書店パピレス」(11%)、「楽天 Kobo」(9.2%)。まさにこれから成長を遂げようという電子書籍市場で、コンテンツ配信では「アマゾンKindleストア」が好スタートをきったようだ。

■関連サイト

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画