このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第138回

MSI初のゲーミングマザーが提供するゲーマー向け機能とは?

2013年04月25日 15時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

旬なゲームのフレームレートをチェック

 最後は実ゲームでのフレームレートチェックだ。マザーボードで大きく性能が変わることはないが、気になるところはゲーミングマザーボード初となる「B75」チップセットを搭載する「B75A-G43 GAMING」で組んだ際の性能。MSIの独自品質基準「ミリタリークラスIIIコンポーネント」の5つ星に準拠する最上位の「Z77A-GD65 GAMING」とともに、旬なゲームのフレームレートを測定してみよう。

テスト環境
CPU Intel「Core i7ー3770K」(3.5GHz) 実売価格 3万円前後
メモリー DDR3-1600 8GB×2 実売価格 1万円前後
ビデオカード GIGABYTE「GV-N660OC-2GD」 実売価格 2万1000円前後
SSD Intel「SSD 335 240GB」 実売価格 1万8500円前後
電源ユニット Corsair「CX600M」(600W、80PLUS BRONZE) 実売価格 9000円前後

 ゲームは、ベーターテストがスタートした国内MMORPG「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」の公式ベンチマーク「FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク ワールド編」、箱庭ゲームの金字塔「シムシティ」、今秋に最新作が登場する「バトルフィールド3」の3種類をチョイス。FF XIVはスコアー、その他は「Fraps」を使用してフレームレートの計測を行なっている。

チップセットの差はほとんどなし!!
コスト重視派はB75A-G43 GAMINGもあり

 各ゲームの計測条件は、解像度が1920×1080ドット。描画設定はFINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク ワールド編が“最高品質”、シムシティが“高設定”、バトルフィールド3が“最高設定”で計測した。

FINAL FANTASY XIV 最高画質/1920×1080ドット(単位:Score) better→
SIM CITY 高画質/1920×1080ドット(単位:fps) better→
Battlefield 3 最高画質/1920×1080ドット(単位:fps) better→

 まずは期待の「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」の公式ベンチマークで使ってスコアーを計測。「Z77」の「Z77A-GD65 GAMING」と「B75」の「B75A-G43 GAMING」で163スコアー差が付いたが、差がわかるレベルではない。続いて、シムシティとバトルフィールド3でも、誤差の範疇でしか差はなかった。

 順調に開発が終了し、OEMメーカーへの出荷も開始された第4世代Coreとなる開発コードネーム「Haswell」が控えているものの、「MSI GAMING」シリーズはコストを抑えた第3世代CoreでのゲーミングPC自作には、悪くない選択肢といえるだろう。長時間ゲーミングやCPUのオーバークロック時も安心な高品質なZ77A-GD65 GAMINGや、激安ゲーミングPCを組める「B75」チップセットのB75A-G43 GAMINGで自作して、最大10連休になる今年のGWはゲーミング三昧だ。

「MSI GAMING」シリーズはコストを抑えた第3世代CoreでのゲーミングPC自作には、悪くない選択肢といえる

【機材協力】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中