このページの本文へ

売れ筋はAKB 人気キッズ服通販の商品戦略 (3/3)

2013年05月01日 11時00分更新

文●三浦たまみ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

リアル店舗でネットショップに安心感

 昨年からは、期間限定出店として、百貨店やショッピングモールなどリアル店舗への出店も始めた。これまで、松坂屋(静岡店、上野店)、大丸ららぽーと横浜店、モザイクモール港北店などに出店してきた。リアル店舗への出店は、お客様のネットショップに対する安心感にも直結する。KAJINブランドの強化にも一役買っているのだ。

2-3-1.png

「リアル店舗への出店は、KAJINブランドの確立にも役立っていると思います」と語る林店長

「今年は有難いことに、大手総合アパレルメーカーのワールドさんとも取引ができるようになり、3月下旬からは、イオンモールむさし村山に入っているフラクサスに弊社の商品を取り扱っていただけることになりました。リアル店舗への出店は、『KAJIN』の存在をたくさんの人に知ってもらうチャンスだと思っています。我が子の晴れ舞台に着せる洋服だから、直接手にとって確認したいという方もたくさんいらっしゃいますから、その意味でも出店の価値はあります」

 また、3月下旬からは、同店の拠点になっている東京都・亀有駅に、念願の実店舗もオープンした。

「アウトレット店です。シーズンが過ぎた商品や、少々難ありなB級品などのフォーマルウェアやアクセサリーなどを販売しています。実店舗があることが、安心感につながるというお客様はたくさんいらっしゃいます。『これまでネットしか買えなかったんで、ここにお店できてすんげー嬉しいんですけど!』と喜んでくれるお客さまが毎日のようにいらっしゃいました」

 林店長は、“ママ目線”を大切にして商品企画、サイト作り、イベント計画などを立て、ファン層を着実に広げていった。その経緯については、次回で詳しく説明しよう。(続く)

2-3-2.png

3月29日にオープンしたばかりの『KAJINアウトレット店』。2階のディスプレイがかわいらしい

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く