このページの本文へ

コンテンツ配信を高速化する「IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス」

IIJ、1GBあたり15円の従量課金制を採用したCDN

2013年04月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月15日、インターネットイニシアティブ(IIJ)はコンテンツ配信プラットフォームを、完全従量課金制にて提供する「IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス」の提供を開始した。

 IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービスは、IIJの大容量バックボーンに直結した大規模な配信プラットフォームを利用し、高速かつ安定的にWebコンテンツをユーザに配信するためのCDN(Contents Delivery Network)サービス。高度なキャッシュ技術により、最大20GBのファイルを配信することも可能。また、IIJの定型ルールに基づくDDoS攻撃対策機能を標準で提供するほか、高度なDDoS対策にもオプション(有償)で提供する。

IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービスの概要

 2013年5月以降は、独自ドメインによるSSL暗号化通信に対応する予定。問い合わせフォームやECサイトの決済フォームなどセキュアなWebページにも利用可能となっている。

 IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービスでは、データ転送量に応じた従量課金制(15円/1GB)の料金体系を採用し、初期費用・月額基本料金は不要。最低利用期間も設定していないため、ユーザーは必要な時に必要な分だけサービスを利用でき、無駄なコストを抑制できるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ