このページの本文へ

おウチで2Gbpsの光回線 ソネット「NURO 光」開始

2013年04月15日 19時31分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最速の通信速度を誇る「NURO 光」は本日から提供が開始された

 ソネットエンタテインメントは、通信サービスの新ブランド「NURO(ニューロ」)」を立ち上げ、本日より下り最速で2GbpsというFTTHサービス「NURO 光」を開始した。

 NURO 光の通信速度は下りが最大2Gbps、上りは最大1Gbps。個人向けのFTTHサービスにおいて世界最速を実現したという。伝送規格には、GPON(Gigabit capable passive optical network)を採用。現時点の提供地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県で、戸建てまたは2階建て以下の集合住宅が対象となる。月額料金7480円で、2年間の継続利用を前提とした月額4980円のプランも用意されている。別途、契約事務手数料840円、基本工事費3万1500円が必要となる。

プロバイダー料金込みで月額料金4980円(2年継続契約の場合)。シンプルな価格設定でユーザーを訴求する

サービス当初は東京都や埼玉県などの首都圏を中心に提供を開始する

 レンタルされるルーターは、LANポートを3つ搭載しているほか、最大450Mbpsの無線LANも標準で備えている。また、最大で5台まで利用できるセキュリティーサービスを無料で提供するという。

ソネットエンタテインメント代表取締役社長・吉田憲一郎氏

 発表会では、まず同社の代表取締役社長・吉田憲一郎氏が登壇。NURO 光を立ち上げた背景を説明した。吉田氏は、「コンテンツのリッチ化」「オンデマンドの進展」「デバイスのWi-Fi化」といった環境の変化を説明。昨今のコンテンツの2014年から試験放送が開始される4Kテレビやゲームなどのダウンロード配信の高容量化、デバイスのWi-Fi化などを挙げ、より高速のブロードバンド環境が必要であることを語った。

LTE/3Gネットワークサービスも提供開始

 併せて、本日からNTTドコモのLTE/3Gネットワークを利用した、個人・法人向けのデータ通信サービス「NURO LTE」を本日から提供を開始した。

高速プランはLTE対応のモバイルルーターをセットでサービスを提供する

 NURO LTEのプランは、下り最大100Mbpsの「NURO LTE ハイスピード」(月額4980円)「NURO LTE ハイスピードV」(3800円、2年間の定期契約)。こちらは超高速プランとして、対応モバイルルーター「FS010W」がセットで販売される、そのほか、月額980円からの定額プラン「NURO LTE ライト」、音声通話付きプラン「NURO LTE + Talk」(2310円、無料通話500円分を含む)などを用意。また、すべてのプランでニーズに合わせてSIMを2枚まで追加できるという。

LTE対応モバイルルーター「FS010W」

側面はUSB端子と電源ボタン、SIM挿入口のみのシンプルな構成

背面

ソニー平井社長がサプライズゲストで!

ソニー代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏

 また、ソニー代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏がサプライズゲストとして登場。「家族全員で有線・無線問わずエンタテインメントコンテンツの感動を共有できます。さまざまな新しい世界をユーザーの皆様に提供できると思います」と、サービスに太鼓判を押して新サービスを応援した。

ゲストにはそのほかにも、タレントのすみれさん、経済アナリストの森永卓郎氏、元サッカー選手の中西哲生氏、エムオン・エンタテインメント取締役の村田茂氏も登場。短い時間ながらトークセッションも行なわれた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン