このページの本文へ

ネットワールド、米アクティフィオの製品を国内展開

バックアップやスナップショットのコピーデータを一元管理

2013年04月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月15日、ネットワールドは米アクティフィオとTechnical VAD (Value Added Distributor)契約を締結。同社のコピーデータ統合管理アプライアンスを国内販売することを発表した。

 アクティフィオのソリューションは、BCP/DR、開発テスト、データ解析など目的ごとに作られたコピーデータを1台のアプライアンスで統合管理可能にする。コピーデータ管理にかかわるシステム領域を、ストレージ、ネットワークおよびサーバーのインフラから切り離し、シンプルに運用することができるという。

従来のデータ管理(左)と次世代のコピー管理(右)(同社サイトより抜粋)

 具体的には整合性を持った静止点を確保した形でデータを保護し、本番システムのストレージに障害があった場合、上位システムがインスタントにアクティフィオにコピーされたデータをマウントする。変更したデータのみを取り込み、ユニークなデータのみを格納。1つのデータの仮想イメージからデータベース、ストレージ、仮想サーバー、ファイルなどのインスタントなリカバリが可能となる。

 製品は「Actifio 100T」と「Actifio Gateway」の2種類。Actifio 100Tは、最大100TBまで保護できるエンタープライズクラスのクラスタハードウェア製品。単体で最大1000の仮想マシンを管理できる。また、Actifio Gatewayはクラウドやマネージドサービスのプロバイダーなど、地域的にあるいはグローバルに分散した企業向けに設計されている。

 販売価格は、最小構成で3000万円(税別)~。

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!