このページの本文へ

年賀状ソフトや会計ソフトのバックアップも対応予定

NEC、自社ユーザー向けの自動バックアップサービスを開始

2013年04月15日 13時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは4月15日、同社の個人向けパソコンユーザー向けのサービスとして、「オンライン自動バックアップPowered by AOSBOX」の提供を開始した。

公式サイトより

 同サービスは、AOSテクノロジーズのクラウド型バックアップソフト「AOSBOX」を、日本市場向けにカスタマイズしたもの。オンラインクラウド上のデータ保管領域(50GB)にバックアップを自動作成し、簡単な設定だけで、メール、写真、住所録といったデータが定期的にバックアップされるという。

 アップロードされたデータは、IDとパスワードで保護され、他のPCやスマートフォンなどからもアクセスできる。今後は日本向けのカスタマイズ機能として、年賀状ソフトや会計ソフトといったフォーマットのデータにも対応する予定だ。価格は1ユーザーあたり、50GB分で月額525円(税込)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン