このページの本文へ

WAV&FLACに対応。AVR-X2000は4K出力も!

デノン、アンプ2機種を発表。新回路でハイレゾにも対応!

2013年04月12日 22時40分更新

文● 貝塚 怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デノンは4月12日、サラウンドAVレシーバー「AVR-X1000」および「AVR-X2000」を発表した。

「AVR-X1000」
「AVR-X2000」

 2機種とも新型のオペアンプとD/Aコンバーターが搭載され、筐体設計や回路の大幅な見直しが図られたという。

 これまで上位機種にのみ採用されていた「Audyssey MultiEQ XT」も搭載された。これは、付属のマイクを利用して、スピーカーの有無やサイズ、距離、音量などを自動的に計測し、各ユーザーの部屋に最適な調整値を自動で設定するもの。

 また、192kHz/24bitのWAV/FLACフォーマット、ギャップレス再生に対応したほか、Ethernet端子を搭載しておりAirPlayやインターネットラジオも利用可能としている。

 価格はAVR-X1000が5万5650円で、定格/実用最大出力および入/出力端子数をアップし、4K2K映像出力に対応したAVR-X2000が8万4000円。いずれも5月中旬に発売の予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン