このページの本文へ

iPhone 5の音楽を高音質で楽しむためのスピーカー&ヘッドフォン! 第1回

Lightning搭載のiPhoneスピーカー7機種をチェック!

2013年04月15日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CDもFM/AMもOKのミニコンポシステム
機能たっぷりでお買い得なソニー「CMT-V10IPN」

Lightning端子搭載のミニコンポ「CMT-V10IPN」

Lightning端子搭載のミニコンポ「CMT-V10IPN」

 ソニーの3番手は、Lightning端子に加えてCDやFM/AMチューナーまで内蔵した「CMT-V10PIN」(予想実売価格1万8000円前後、本機のみ5月11日発売)だ。

 幅486mmとサイズはやや大きめだが、奥行きは114mmとスリムなデザインにまとめられている。下部にあるLightning用ドックは収納式で、見た目もすっきりしている。

中央の下部に収納されているLightning端子。引き出してiPhone 5などをセットできる

上部には左側に電源ボタンと再生操作ボタンがあり、右側に音量調節ボタンとCD取り出しボタンがある。シンプルな配置で使いやすい

上部には左側に電源ボタンと再生操作ボタンがあり、右側に音量調節ボタンとCD取り出しボタンがある。シンプルな配置で使いやすい

CD取り出しボタンを押すとクリアホワイトのパネル部分がスライドしてCDドライブが表われる。CD再生も手軽に行なえる

CD取り出しボタンを押すとクリアホワイトのパネル部分がスライドしてCDドライブが表われる。CD再生も手軽に行なえる

背面にはアナログオーディオ入力に加えてヘッドフォン端子も装備する

背面にはアナログオーディオ入力に加えてヘッドフォン端子も装備する

かなり本格的なリモコンが付属する

コンポということでかなり本格的なリモコンが付属する

 サイズが大きめなので音質はちょっと期待。そのサウンドは、元気のよさが特徴的で少々やんちゃなものだった。「イーハトーブ交響曲」を聴くと、中高音域がクリアで弦楽器や管楽器が勢いよく出てくる。逆に低音は量感が多めで、少々モヤモヤしがちになるのが気になった。

 ドナルド・フェイゲンも、ボーカルは比較的クリアに再現できるのだが、ベースの低めの音域がモヤモヤとしがちで、リズムのキレに物足りなさを感じてしまう。アコースティック系の音楽や小編成のクラシック曲などをしっとりと聴くというよりも、大きめの音量でビートの効いた音楽をパワフルに聴くといった聴き方が合うだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中