このページの本文へ

Crucial「Crucial M500 SSD」

Crucialの新型SSD「Crucial M500 SSD」が12日販売開始

2013年04月11日 22時19分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こちらでもお伝えしたCrucial製の新型SSD「Crucial M500 SSD」の販売が12日からスタートする。登場するのは2.5インチ版とmSATA版の2モデルだ。

いよいよ販売が始まるCrucial製の新型SSD「Crucial M500 SSD」。2.5インチ版は120GB~960GBまで4モデルがラインナップ

 Crucial M500 SSDは、Marvell製のコントローラー「88SS9187」と、Micron製の20nm MLC NANDフラッシュを採用するSATA3.0(6Gbps)対応の新型SSD。最大8万IOPSを実現するMicronのカスタムファームウェアとの組合せにより、シーケンシャルリード最大転送速度は500MB/秒を実現。そのほか、システムレスポンスを維持しつつバッテリーの駆動時間を伸ばすデバイススリープ(DEVSLP)機能を搭載。この機能により、システムのスリープモード時の電力消費を5ミリワット以下に抑え、従来製品と比較して電力効率が93%改善しているという。

本体は7mm厚だが9.5mm変換スペーサーが付属している
流通量も少ないためか960GBモデルの価格は直前で値上がりしたという

 12日から販売がスタートするのは2.5インチ版の120GBモデル「CT120M500SSD1」、240GBモデル「CT240M500SSD1」、480GBモデル「CT480M500SSD1」、960GBモデル「CT960M500SSD1」。このうち最大容量の960GBモデル「CT960M500SSD1」は、入荷数が非常に少なく、BUY MORE秋葉原本店によると「極少量」という状況だ。また同時にmSATA版の120GBモデル「CT120M500SSD3」も入荷している。
 本日入荷を確認したのはBUY MORE秋葉原本店で、明日以降複数ショップで一斉に販売がスタートすると思われる。

こちらはmSATA版の120GBモデル「CT120M500SSD3」。残り2モデルは後日入荷予定だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中