このページの本文へ

バッファローの1Uラックマウントモデル「TS5400R1604V5」

5年間自動更新のウイルスチェック機能を搭載したテラステ

2013年04月11日 07時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月10日、バッファローは5年間の自動更新ライセンス付きのウイルスチェック機能を搭載した法人様向けNAS「テラステーション」の1Uラックマウント型モデル「TS5400R1604V5」を発表した。

ウイルスチェック機能を持った1Uラックマウント型モデル「TS5400R1604V5」

 新モデルは、ラックでの運用が可能な法人様向けNAS「テラステーション TS5400Rシリーズ」に5年間の自動更新ライセンス付きのウイルスチェック機能搭載したもの。ウイルス定義ファイルは自動的に更新され、運用に手間もかからない。また、リアルタイムスキャンにより製品内に保存するデータを常時監視し、ウイルス感染したファイルが保存された場合は即時に隔離・駆除を行なう。

 製品はCPUにIntel Atomプロセッサー、DDR3メモリー 2GB、USB3.0を採用。RAIDに対応するほか、製品を2台使ったバックアップによる冗長化構成「フェイルオーバー」「レプリケーション」などのデータ保護機能を持つ。

 16TB(4TB×4)の容量で、価格は54万6000円(税込)となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ