このページの本文へ

楽天リサーチが発表

地下鉄エリア化でスマホのネット利用時間は平均1.7倍増

2013年04月10日 22時02分更新

文● ASCII.jp ナカムラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天リサーチは、地下鉄でのインターネット利用に関する調査を実施し、その結果を発表した。

 調査結果によると、地下鉄走行中の携帯電話の電波開通により、通勤・通学中のスマートフォンでの接続時間は、1日平均22分となった。電波開通前の1日平均接続時間が13分だったのに対し、電波開通後での変化は9分増加(約1.7倍)という結果になった。

電波開通前後の通勤・通学中のインターネット接続時間(n=500)単数選択 単位:%(楽天リサーチより引用)

 電波開通によりもっとも利用頻度が増えたコンテンツは、「ニュースサイトの閲覧」で、49.0%を占めていた。次いで「検索サイトでの調べ物(45.0%)」「メールの利用(40.4%)」という結果だった。

 また、電波開通による不安や期待について調査したところ、懸念として多く上がったのは「車内マナーの悪化」だった。一方、期待することとして「Wi-Fiも幅広く利用できるようにして欲しい」「3GだけでなくLTEにも対応したエリアを増やして欲しい」「つながらない区間や接続が不安定な区間があるので改善して欲しい」などの声があり、接続面への期待が多いことがわかった。

 同調査は、4月5日から7日までの3日間、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県の15歳から69歳の男女500人を対象に実施したものだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン