このページの本文へ

Google PlayのUIがリニューアル とてもシンプルに

2013年04月10日 17時15分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 派手な色使いとゴチャゴチャとしたメニューで正直使い勝手が悪かった、Android端末用のアプリ/コンテンツストアの「Google Play」。ここで探すのは諦めて、目当てのアプリはレビューサイトで見つけて、Google Playでは検索機能だけ使っていたという人も多いはず。

 そんなGoogle Playがユーザーインターフェースを一新する。新しいUIではシンプルな色使いとメニューに統一し、素早く簡単に目的のアプリを見つけられるようにする。

Google Playの新しいUI

 一方でピックアップで紹介されるアプリやコンテンツは大きめの画像で紹介し、雑誌のように次々とその先のページに飛べるような形にしている。

 新しいデザインのGoogle Playが提供されるのはAndroid 2.2以上。今後数週間をかけて順次更新される。ちなみに本稿担当者は「Nexus 7」や「GALAXY Nexus」を含む、10台以上のAndroid端末でアクセスしてみたが、いまだ新しいUIは拝めず。今後に期待である。

Google Play ブックスの画面。日本ではまずは魅力的なコンテンツが必要?

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン