このページの本文へ

フェイスブック利用者は日本国内で10人に1人

2013年04月09日 16時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セレージャテクロジー調べによると、アジア主要24か国・地域における2013年4月7日現在のフェイスブック利用者数の推計で、日本のユーザー数は1353万1220人となり、調査対象国・地域の第5位だった。2か月連続で対前年同月比がマイナスとなっていたが、3月は0.8%の増加。ユーザー数の対人口比は10.7%で、調査対象国・地域の第14位にランクし、10人に1人がフェイスブックユーザーであることがわかった。

 他のアジア諸国・地域に目を向けると、ユーザー数のアジアトップはインドで6386万8420人、2位はインドネシアで4813万4060人、3位はフィリピンで3057万9620人。対人口比で50%超、50人以上に1人の割合でフェイスブックを利用しているのは、台湾が56.7%、ブルネイが53.8%、香港が53.7%、シンガポールが51.2%という結果となった。

 なお、フェイスブック推定ユーザー数はフェイスブックの広告ツールを使って集計。人口は、国際連合の「世界人口白書(2012年度版)」を元にし、台湾は台湾行政院、マカオはマカオ政府の2012年発表データによる。

facebook data
アジア24か国の2013年3月のフェイスブック利用者推計ー上位11か国

カテゴリートップへ

ピックアップ