このページの本文へ

母親の89%が「スマホは家事や育児に役立つ」

文●通販通信

2013年04月09日 00時48分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グラフ サイバーエージェントは4月8日、子どもを持つ20~30代の母親500人を対象として行った「スマートフォン利用」に関する意識・実態調査の結果を発表した。

 調査結果によると、「スマートフォンを利用するようになって、家事や育児の行動で変化したことはあるか」と聞いたところ77%が「ある」と回答。さらに「スマートフォンは家事や育児に役立つと思うか?」には89%が「思う」と回答した。

 具体的にみると、料理方法の検索やスマートフォンでの買い物など「家事」にスマホを活用している母親の割合は全体の82%、泣きやませや知育アプリの利用など「育児」で活用している割合は54%、節約レシピの検索やポイントアプリでの小遣い稼ぎなど「家計のやりくり」に活用している人は31%だった。

 「スマートフォンを利用して小遣い稼ぎをしたことがあるか?」には34%が「ある」と回答。スマホでの小遣い稼ぎが未経験の母親も86%が「してみたい」と回答した。

 調査期間は3月13日から15日。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く