このページの本文へ

最大解像度1920×1080のフルHDを実現

ラリタン、LEDバックライト採用のKVMドロア

2013年04月08日 12時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月4日、ラリタン・ジャパンは17インチのラックマウント型KVMドロア「T1700-LED-J」を発表した。LEDバックライト液晶ディスプレイを採用したことで、従来機種に比べ消費電力を約40%削減した。また、ワイドスクリーンで最大解像度1920×1080のフルHDを実現し、DVI/VGAなどのビデオをサポートする。

LEDバックライト液晶ディスプレイを採用した「T1700-LED-J」

 サイズは434(W)×569(D)×43.5(H)mm、重さは12kg。従来機種に比べて奥行きは約10cm短くなったほか、重さも4kg軽量化。マウントキットがレール化され、搭載作業がよりスムーズになったという。

 推奨小売価格は25万円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ