このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【テスレポ】SBのフラグシップ、AQUOS PHONE Xxを使用開始

2013年04月07日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 常に複数スマホを使い分けている筆者だが、新たに3月発売のソフトバンク「AQUOS PHONE Xx 203SH」を使用しはじめたので、数回に分けてテストレポートを掲載する。

やや影が薄いソフトバンクのAndroidスマホの中で、フラグシップ機と言える「AQUOS PHONE Xx 203SH」

 ちなみに筆者が203SHを手にするまで常用していたのは、au「GALAXY S III Progre SCL21」とソフトバンク「RAZR M 201M」の2台。この2台とも随時比較していく予定だ。

派手なカラバリが好きな筆者だが、このブルーは背面が光沢系でなかなかお気に入り

発表会から5ヵ月経って発売された203SH
IGZO液晶とバッテリーの持ちが印象的

 203SHの詳しいスペックについては、下に掲載したのでチェックしてほしい。スマホ好きなのに「どんなスマホだったっけ?」と感じる人がいても正直無理はない。なにしろ最初に公開された、ソフトバンクの冬春モデル発表会(10月9日開催)からは約半年(!)も経っているのだ(関連記事)。

 そんな203SHを使い始めての第一印象は、「透明感があるキレイな液晶」「バッテリーの持ちがいい」の2点。

 まずディスプレーは、兄弟機と言えるドコモ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」と同じ4.9型のIGZO液晶。解像度は720×1280ドットと、フルHD機がリリースされた今では自慢できるほどではないが、まずは十分なものだ。

 実際に画面を見ると、とにかく透明感が高いのが印象的。GALAXY S III ProgreやRAZR Mで有機ELの画面を日常的に見てきた身には、どっちがいい/悪いはともかくとして、あまりに別物。清純派アイドルとセレブなハリウッド女優の差というか。今は慣れによる若干の違和感があるのも確かなので、もう少し使いこんでみてから判断したい。

4.8型有機ELのGALAXY S III Progre。写真ではわかりにくいが、実際に見ると全然違う方向性のディスプレーだ。ちなみにこの大きな2台をいつもジーンズに入れているため、いつもポケットがパンパンだ

 バッテリーの持ちの良さも最初に気づいた部分。特にRAZR Mとの比較で実感した。RAZR Mのバッテリー容量は2000mAhで、ディスプレーは4.3型。バッテリーの持ちは悪くない部類の端末なのだが、4Gの機能をオンにしていると、静止状態で放置していても残量がどんどん減っていく(3Gオンリーにすると比較的長持ちする)。ところが203SHは、4Gをオンにしたままでもあまり変わらない。

SoftBank 4G対応スマホでは、4G機能をオフにして、3Gオンリーにすることが可能だ。RAZR Mのときは3Gオンリーにしていることが多かったが、203SHではバッテリー面からはその必要はあまりなさそうだ

 公式スペックの連続待受時間を比較すると、RAZR Mが「3G:約520時間/4G:約200時間」なのに対し、203SHは「3G:約400時間/4G:約340時間」と3Gと4Gで逆転する。203SHでは4G待受時の消費電力を工夫したのだろうか。RAZR Mでは4Gをオンにしたり、オフにしたりするのがとても面倒だったので、うれしいポイントだ。


ソフトバンク「AQUOS PHONE Xx 203SH」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 4.9型液晶(IGZO液晶)
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約69×137×10.9mm
重量 約146g
CPU Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz
(クアッドコア)
メモリー容量 ROM:32GB/RAM:2GB
OS Android 4.1
4G対応 下り最大76Mbps(AXGP)
プラチナバンド
無線LAN 2.4/5GHz対応
カメラ画素数 リア:約1630万画素CMOS(裏面照射型)/イン:約120万画素CMOS
バッテリー容量 2200mAh
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
赤外線
防水/防塵 ○/○
連続待受時間(3G/4G) 約400時間/約340時間
連続通話時間(3G) 約830分
カラバリ アーバンブラック/ホワイト/ブルー/レッド

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン