このページの本文へ

4コアCPU&IPS液晶搭載で2万円切りの格安スマホ

2013年04月05日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クアッドコアCPUを搭載する安価な4.5型スマートフォン「LA-M1」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。中国北斗星の製品で、価格は2万円を切る1万9980円だ。

クアッドコアCPU搭載で2万円切りという、中国北斗星の4.5型スマホ「LA-M1」が登場した。コストパフォーマンスはきわめて高い
ベンチマークテストでも「HTC One X」を凌ぐ優秀なスコアをたたき出している。ホワイトの上品なフレームを採用し、両面カメラやBluetoothなど搭載機能も充実している

 コストパフォーマンスがきわめて高い本製品。540×960ドットの高精細な4.5型IPS液晶ディスプレーも備えた、優秀な中華スマホだ。搭載OSはAndroid 4.1。

 ショップ調べによるスペックは、CPUにクアッドコアのQualcomm「Snapdragon MSM8225Q 1.2GHz」、1GBメモリー、4GBの内蔵ストレージなど申し分なし。外部ストレージにmicroSDHCカード(最大32GB)を使用できるほか、フロント200万画素、リア800万画素の両面カメラや、Bluetoothも備える。

 GPSに加速度センサー、照度センサーなども搭載するが、「GPSはかなり感度が高いようだ」(ショップ)とのこと。一般的なメジャーブランド製品に比べても見劣りしない、優秀な搭載機能は魅力的だ。

本体下部にはホームボタンや戻るボタンなどの静電容量ボタンを搭載。側面には電源とボリュームの物理ボタン、イヤホンジャック、microUSBを備える
厚みは約1cmで持ちやすい手頃な大きさ。カバー内部にはmicroSDカードスロットのほか、2つのSIMカードスロットを備える

 ただし言語設定で日本語が選択できないほか、Google Playストアも非搭載。試行錯誤して活用できる玄人向けの端末と言えるかもしれない。

 本体サイズは幅68.9×奥行き136×高さ9.9mmで、重量は150g。バッテリー容量は2000mAh。2つのSIMカードスロットを搭載するデュアルSIMスマートフォンで、通信規格はW-CDMA 2100MHz、GSM 900/1800MHzに対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン