このページの本文へ

ユーザごとにアプリケーションの制御が可能

IIJマネージドファイアウォールにパロアルトのNGFW追加

2013年04月02日 17時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月2日、インターネットイニシアティブ(IIJ)は、「IIJマネージドファイアウォールサービス」の新品目として、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール(NGFW:Next Generation Firewall)「Palo Alto Networks PAシリーズ」を追加した。

パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「Palo Alto Networks PAシリーズ」

 IIJマネージドファイアウォールサービスは、ユーザー拠点に設置したファイアウォール機器をIIJの専門エンジニアがリモートから運用管理するサービス。ファイアウォール機器のレンタルおよび設定から運用、監視、保守までをIIJが一貫して行なうことにより、ユーザーのネットワーク環境をあらゆる脅威から防御するという。

 Palo Alto Networks PAシリーズでは、アプリケーションを自動的に識別し、企業ポリシーに応じたアクセス制御を行なう。社内の認証サーバーと連携させることでユーザーごとのアプリケーション利用状況を可視化し、アクセス権をコントロールできる。また、アプリケーションを介した脆弱性攻撃、マルウェア感染、情報漏えいといったセキュリティ脅威をリアルタイムに防御し、セキュリティ強化を実現する。

 サービスは本日から提供開始される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ