このページの本文へ

街で引き立つ! ソニーの重低音ヘッドフォン

2013年04月03日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MDR-XB920」
2種類のカラーラインナップを用意する「MDR-XB920」

 ソニーから、デザイン性を意識した重低音ヘッドフォン「MDR-XB920」と「MDR-XB610」が登場した。ともに4月21日発売予定で、希望小売価格はXB920が2万4675円、XB610が1万2390円となっている。

 それぞれ「EXTRA BASS」シリーズ上位モデルの「MDR-XB900」「MDR-XB600」をベースとしながら外観をリニューアル。XB920はハウジングやヘッドバンドのスライダーなどにアルミ素材を採用し、高級感を高めている。

 カラーリングもレッドとブラックの2色を用意。全体的にはシルバーカラーでありながら、ハウジング周りやヘッドバンド内側にアクセント的に配色している。

ハウジングは回転し、折りたたんで運ぶことが可能
片出しのケーブルは脱着が可能 片出しのケーブルは脱着が可能

 片出し方式のケーブルは脱着式となっており、この接続部もアルミ素材となっている。さらにスマホの操作に対応するマイク&リモコン付きケーブルも付属し、付け替えて利用することが可能だ。

「MDR-XB610」
「MDR-XB610」
XB610も折りたたむことができる

 XB610もハウジングにアルミ素材を採用。ハウジング周りやイヤーパッド、ヘッドバンド部にオレンジとホワイトというポップなカラーを採用する。

 XB920は50mmの大口径ドライバーユニットを採用。XB610は40mm口径のドライバーユニットを採用する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン