このページの本文へ

スマホも対象、「第12回モバイル広告大賞」締切迫る

2013年03月28日 11時00分更新

文●Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 2012年のベスト・モバイル広告を決める第12回モバイル広告大賞(主催=D2C)の応募締切が4月16日に迫っている。

4月16日までエントリーを受け付けている「第12回モバイル広告大賞」

 モバイル広告大賞は、モバイル端末(スマートフォン、フィーチャーフォン)に特化した広告賞。ビジネス上の成果やインパクトなどマーケティング視点で評価する「マーケティング部門」、ビジュアル・クリエイティビティを評価する「クリエーティブ部門」の2部門で構成され、ディスプレイ広告のような純広から、マーケティングキャンペーン全般のプランニング、モバイルアプリやモバイルサイトまで幅広く審査対象とする。

 第12回は、2012年4月1日から2013年3月31日までに実施・掲載された作品が審査の対象。早稲田大学 商学学術院 教授の恩藏直人氏、PARTY クリエイティブディレクターの伊藤直樹氏、慶應義塾大学大学院 特別招聘教授の夏野 剛氏らで構成されるモバイル広告大賞選考委員会による審査を経て、6月上旬にグランプリおよび各部門賞が発表される予定だ。

 第11回のモバイル広告大賞では、スマートフォンのGPS機能を使ったゲーミフィケーションキャンペーン「MINI COUPEハンティング大作戦」(BMWジャパン)がグランプリを受賞。マーケティング部門では「全国タクシー配車アプリ」(​日​交​デ​ー​タ​サ​ー​ビ​ス)など8作品が、クリエーティブ部門では「The World Face Games」(パナソニック)など6作品が各賞に選出された。

前回のグランプリ作品「MINI COUPEハンティング大作戦」。スマートフォンのGPSを使って都内で「追っかけっこ」をするキャンペーン

前回のグランプリ作品「MINI COUPEハンティング大作戦」。スマートフォンのGPSを使って都内で「追っかけっこ」をするキャンペーン

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く