このページの本文へ

プライベートやパブリックを意識させない環境を目指す

HPのCloudSystem Matrix、OpenStackに対応

2013年03月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月19日、日本ヒューレット・パッカードは、統合型のクラウドアプライアンス「HP CloudSystem Matrix」が、最新バージョン7.2より「OpenStack」に対応することを発表した。最新バージョン7.2のリリースは3月下旬の予定。

 具体的にはLinuxカーネル仮想化基盤であるKVMのOpenStack対応管理機能「HP Matrix KVM Private Cloud」が実装される。これにより、OpenStack準拠のパブリッククラウドとプライベートクラウドの接続、あるいはプライベートクラウド内のコンポーネント同士の柔軟な連携などが促進されるという。将来的には、HP CloudSystem Matrixをプライベート/パブリックといったクラウドの種類の違いを意識させず、相互のリソースを管理・利用できるコントローラーとして機能させることを目指す。

 HPは自社の製品並びにサービスへのOpenStackの採用を進めており、米国で展開中のパブリッククラウドサービス「HP Cloud Services」OpenStackに準拠したサービス開発を進めるほか、HPソフトウェア製品「HP Cloud Service Automation」におけるOpenStack対応を実現。さらに、2013年内にOpenStackと連携してネットワーク構築の効率的な管理と自動化を実現する技術「HP Virtual Cloud Network Application」を市場投入する予定となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ