このページの本文へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 第135回

デジタルデバイスで海外旅行を3倍堪能するワザ

2013年03月20日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

何でも載っているガイドブックとして活用する

 現地に着いたら、スマホやタブレットは何でも載っているガイドブックとして活躍する。その際、インターネット接続が必要になるので、海外パケ・ホーダイや海外パケットし放題を使うか、モバイルルーターをレンタルしておこう(関連記事を参照)。

複数のデバイスを利用するなら、レンタルモバイルルーターのコスパがいい

 有名な観光地なら、専用アプリが公開されていることも多い。例えば、ハワイならさまざまなガイドブックや観光マップ、ハワイ語を学習できるアプリ、写真集などがラインナップしていた。無料アプリも多いので、とりあえずダウンロードしておこう。

「JCBハワイガイド」では、ショップやレストラン情報を掲載。現在位置情報を利用し、近くのお店を探すのに便利

「ハワイ サクッとガイド」は、オススメの観光スポットを網羅しているアプリ。通常価格は450円だが、現在(2013年3月18日)は85円に割り引き中

 もちろん、普通のウェブ検索も大活躍。気分に合わせてレストランを探したり、スキマ時間に楽しめるエンタメ情報を検索したりできる。ホームページが見つかれば、即電話して予約や空席の確認も可能だ。

 さらに活躍してくれるのが、カーナビだ。日本語対応のカーナビが付いたクルマをレンタルしたのだが、恐ろしくUIがわかりにくいうえ、動作も遅い。そこで、急遽iPhoneをナビ代わりに利用。よっぽど据え付けのナビよりもわかりやすく、重宝した。レンタカーでなくても、初めての場所に向かうときには手放せない機能だ。

操作方法は国内と同じ。住所を登録して、ナビを開始する

緊張する海外の運転も、事前にルートがわかっていれば焦らずにすむ

 外出先で途方に暮れないためにも、バッテリー駆動時間は要チェック。iPhoneならともかく、Androidスマホやモバイルルーターのバッテリーは1日保たないことが多い。モバイルバッテリーは必須と言っていいだろう。丸1日出ずっぱりなら、モバイルバッテリーひとつでは足りないことも。筆者の場合、AndroidスマホでGPSログを取ったので、スマホとモバイルルーターのそれぞれにモバイルバッテリーを用意した。

 レンタカーを借りるならシガーソケットからUSB電源を取れるアダプターを持参してもいい。モバイルバッテリーを持たずに済む。車種によっては、クルマに充電用のUSB端子が付いているので、チェックしてみよう。

スマホとモバイルルーターにモバイルルーターを用意

シガーソケットからUSBで充電するチャージャー。1500円前後で発売されている

レンタルしたマスタングコンパーチブルにはUSB端子が付いていた

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン