このページの本文へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile 第111回

薄さ12.8mm! 13インチ「LaVie Z」よりさらに2mm薄い

15インチでモバイル! 「LaVie X」の薄さに秘められた魅力

2013年03月14日 12時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

使い勝手は問題なし
ただし、テンキー付きキーボードの配列には疑問も

 薄くなったからといって使い勝手が落ちては意味がない。15インチの良さはそもそも「普段使いの良さ」だかだらだ。気になるのは「剛性」だが、こちらは問題ない。端をもってもたわむような感じはなく、特別な配慮なく使える。ボディの仕上げも、ヘアライン加工のアルマイトで、さらりとして気持ちいい。キータッチは少々ストロークが浅めで「平たい」印象だが、これは昨今のUltrabook的というか、薄型ノート的なもの。決して悪いものではない。具体的に言えば、同社のLaVie Zのものに近い。

天板。かなりシンプルなデザインで、清潔感がある

底面。デコボコも穴も少なく、美しい。写真上部の左右にある出っ張っている部分は、ファンが入っているところだ

 意外にも、キーサイズは若干小さい印象だ。キーピッチの値でいえば約18mm。モバイルノートとしては特に小さいわけではなく、操作感に大きな問題が出るわけではないが、フルサイズのキーにこだわるなら、慣れるまで若干の違和感があるかもしれない。

キーボードはテンキー付き。タッチパッドは大きめで、ボタンのないタイプだ

 サイズが小さくなっているのは、フルキーの右側にテンキーまで搭載しているからだろう。据え置き兼用のノートPCでは、テンキー搭載の製品が多くなっており、そうしたトレンドを採り入れるためだろう。筆者としては、あまり好きな配列でない。特に、テンキーとフルキーの間に明確な「仕切り」がないため、エンターキーなどの操作をする際、指先だけで区別がしづらい点が気になる。ほんの数ミリでいいので、もう少し間隔を空けてほしかった。

テンキーとフルキーの間に仕切りがないのが気になる。ほんの数ミリでいいので、もう少し間隔を空けてほしかった

 テンキーが付いている関係から、スピーカーの領域は狭い。ステレオスピーカー搭載で、音も薄さの割に悪くないが、開口部のメッシュは狭めだ。アルミで15インチ、キーのサイドにスピーカーという配置は、前出のMacBook Proに似ているが、スピーカー部のメッシュの狭さから、なんとなく「キュッ」と締まった印象を受ける。

 ディスプレーヒンジは180度まで開く。最近は開く角度に限界がある機種が多く、他人とディスプレーを同時に見る時などには使いづらい面がある。ディスプレーサイズの大きさもあって、対面で一緒に画面を見ながら作業する、といった使い方に向いているだろう。

 ディスプレー解像度は1920×1080ドット。15インチであることを考えると解像度がもっと高くても……と思わなくもないが、現実的な線だろう。画質は十分であり、視野角などにも問題は感じない。ディスプレーヒンジを180度まで開いて使う、という形でも問題あるまい。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン