このページの本文へ

グーグル、有料リンクについて改めて注意喚起

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2013年03月11日 18時44分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グーグル、有料リンクについて改めて注意喚起

Googleウェブマスター向け公式ブログに、あらためて有料リンクに対する注意喚起を促す記事が投稿されている。今回は、先月22日に英語版公式ブログに Matt Cutts (Distinguished Engineer)氏が投稿した、A reminder about selling links that pass PageRank の日本語翻訳版。

オリジナルの記事は、英国のフラワーショップが、PR記事を使ったリンクビルディングを行った後に公開されたもの。『PageRank を渡すリンクを売買することやそうした有料リンクの埋め込まれた PR 記事は Google のガイドライン違反となり、Google はそうしたガイドライン違反に対して、対策を講じます。』と同社のスタンスを明確にしている。


PageRank を渡す有料リンクについて覚えておいて頂きたいこと
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/03/a-reminder-about-selling-links.html

#
Googleのスタンスとしては、PR記事そのものを否定するのではなく、広告として生み出されたコンテンツに含まれるリンクには nofollow を付与するなりして、ランキングに影響しないように配慮してくれ、ということです。それが妥当かどうかはさておき、Googleの主張はそういうことです。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く