このページの本文へ

「NFC & Smart WORLD 2013」の見どころはココ!

近距離無線通信規格「NFC」、関連のモバイル・ICカード・タグソリューション最新技術が集結!

2013年03月07日 07時00分更新

加藤宏之〈HEW〉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 近距離無線通信規格「NFC」やスマートフォン、ICカード・タグと関連するソリューションを紹介する「NFC & Smart WORLD 2013」が、東京国際展示場「東京ビッグサイト」で開催されている。

 会場では、NFCに関する最新技術を中心に、関連するモバイル・ICカード・タグソリューションを紹介。決済をはじめマーケティングやセキュリティ、M2Mなどといった分野に及ぶ。なかでも「NFCブースナビ+ラリー」という企画は、実際に“かざす”を体験できるもの。手持ちのNFC対応機器や「おサイフケータイ」対応スマートフォンでポイントをためることもできる。

01show
「NFC&Smart WORLD 2013」会場のようす

 出展内容の見どころとしては、スマートフォンをかざすだけでスピーカーになる「ワンタッチ・リスニング」などをソニーが展示。トッパンフォームズは、決済をはじめ、ポイント管理やO2Oによる顧客送客サービスなどを一元管理する「Thincacloud/シンカクラウド」を紹介。フェリカネットワークスのブースでは、Felicaを活用した「おサイフケータイ」の今後の対応規格や方式をデモンストレーションしている。

 会期は3月5日~8日の4日間で、「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の7つの展示会の1つ。ほかには防犯カメラや警備システムなどを紹介する「SECURITY SHOW 2013」や、流通・小売業の決済システムやマーケティング、物流、環境対応などをテーマとした「リテールテック JAPAN 2013」などが開催。初日の5日は「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」全体で4万2495人の来場者数があった。

02show
展示内容の一例

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ