このページの本文へ

富士通春のWin8最新モデルを総まとめ! 第16回

富士通「STYLISTIC QHシリーズ WQ2/J」とセルシス「CLIP STUDIO PAINT」がイイ! (4/5)

2013年03月04日 16時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オフィスソフトは問題なく快適動作
CLIP STUDIO PAINTシリーズでチェック

 STYLISTIC WQ2/Jが搭載するスタイラスペンは、1024段階の筆圧に対応している。Windows アプリストアにあるFresh Paintが筆圧感知機能に対応しているが、ほかにも対応する製品がある。それはセルシスのCLIP STUDIO PAINTシリーズだ。イラスト向けの「PAINT PRO」、マンガ向けの「PAINT EX」があり、いずれもスタイラスペンの筆圧に対応している。

 CLIP STUDIO PAINT PROで落書きなどをしつつ試してみたが、STYLISTIC WQ2/Jであれば、本体のみだとタブレットで操作する形になるため、出先でスケッチやネーム切りといったことも容易だと感じた。気になるのは、デフォルト状態の場合、解像度とアスペクト比の関係で、縦画面時は描画領域が狭くて感じる点だ。ただこの点は、インターフェースを適宜非表示にすることで、解決は可能だ。

キーボード・ドッキングステーション左側面にスタイラスペンを収納できる

付属のスタイラスペン。N-tring製

 手に持って描く場合の注意点は、排気スリットの位置を確認するところだろう。比較的排気ファンの回転数は静かだが、常に排気をしっかりと行なっているため、排気スリットを回避するように持つ必要があるし、もちろん、排気しやすいよう自分側に向けないようにするといった配慮が必要だ。その点が気になったくらいで、あとはのほほんと落書きできたため、意外とイラスト・マンガ方面の人との相性はいい製品かもしれない。

 筆圧の感知ともたつきのチェックは、いくつか円を描くなどで試してみたが、Core i5-3427Uのおかげか筆者のレベルだととくに問題らしい問題は確認できなかった。筆圧の検知も良好で、水彩系ブラシの処理もスムーズだ。メモリーが最大4GBなので、こってりと描くのは(仕上げに近づくほど)厳しそうだが、下書きやスケッチレベルであれば問題なく使えるだろう。

環境設定から「TabletPC」を選ぶだけで、スタイラスペンの筆圧が有効化される

筆圧チェックの結果を縦画面で表示したもの。だいぶ狭い

こちらは横画面時。筆圧の具合については、自分用にカスタマイズを行なえる。写真はデフォルト状態で、ひょいひょいと試してみたもの

水彩系ブラシは、環境によっては処理がもたつくケースが多いイメージがあるが、しゃかしゃか試してみた限りでは、もたつきらしいもたつきとは遭遇しなかった

富士通 STYLISTIC QH

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

カテゴリートップへ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通