このページの本文へ

富士通春のWin8最新モデルを総まとめ! 第16回

富士通「STYLISTIC QHシリーズ WQ2/J」とセルシス「CLIP STUDIO PAINT」がイイ! (2/5)

2013年03月04日 16時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パッと見はイカついが、実は手に持って運びやすい

 STYLISTIC WQ2/Jは、11.6型ワイドタッチパネルを採用したタブレットだ。本体の重量/サイズは約幅302×奥行き195×高さ12.7mm、重量約850gとなっている。

 スペックについては、直販サイト「富士通 WEB MART」を利用することで、好みのものに変更可能だ。たとえばCPUであれば、Core i3-3217U(1.80GHz)かCore i5-3427U(1.80GHz)を選べる。メモリーは4GB(DDR3 SDRAM PC3-1600)と固定だが、SSDは64GB/128GB/256GBから選択可能だ。試用機は、Core i5-3427Uと128GBが選択されたものだった。

 11.6型ワイドタッチパネルは、ノングレアのIPS液晶で、解像度1366×768ドット。一般的なタブレットデバイスはグレアタイプばかりなので、ノングレアがデフォルトと考える人にはチェックポイントになるだろう。ディスプレー部分を天井に向けて仰向けに置いた場合や、明るい屋外でも画面を見やすいはずだ。発色はほぼフラット。気持ち青味を帯びてる印象だったが、初見で気になるというケースは少ないと思われる。

11.6型ワイドタッチパネルは、IPS液晶を採用。掲載した写真のような角度からディスプレーを見ても、問題なく画面内の情報を視認できる

キーボード・ドッキングステーションをチェック!

 キーボード・ドッキングステーションは、ノートPCでいうキーボード面がそのままあるもので、そこにSTYLISTIC WQ2/J本体を接続するとキー入力やタッチパッド操作が行なえる。

「キーボード・ドッキングステーション」

キーボード・ドッキングステーションと合体した「ノートPCスタイル」。一般的なノートPCと変わりなく使える

 またバッテリーを内蔵しており、バッテリー駆動時間がSTYLISTIC WQ2/J本体のみだと最大4.8時間に対して、キーボード・ドッキングステーションと一緒に持ち歩く場合は最大10.7時間になるため、基本セットで運用を考えることになるだろう。キーボード・ドッキングステーション側からタブレット側への給電もサポートしており、電源オフか省電力状態時のみ充電される仕組みだ。

キーボード・ドッキングステーションにもバッテリーが搭載されている。本体との併用でバッテリー駆動時間は最大10.7時間

 STYLISTIC WQ2/Jとキーボード・ドッキングステーションにセットしたときのサイズ/重量は、約幅302×奥行き203×高さ26.1mm/約1.7kgだ。スタイラスペンがある点とタブレット側に書類データをすべてまとめられる点を考えると、最終的にカバンの総重量が減るという人が多いと思われる。このあたりは、富士通 WEB MARTでセット購入できるMicrosoft Office Home and Business 2013を導入することでかなり変わってくるので、検討したほうがいいだろう。

キーボード・ドッキングステーション側に本体との合体用接点がある。がっちりと固定されるが、本体側だけを持って移動するのは破損の要因になりやすい

キーピッチは約17mm
キー入力のしやすさに注目

 11.6型という小型サイズの場合、どうしても気になるのがキーレイアウトだ。すっかり定番になったアイソレーションタイプのキーボードで、キーサイズは横約13.3mm×縦約13mmの気持ち長方形。キーピッチは約17mm、キーストローク約1.7mm。変則サイズのキーは少なく、スペースキーも大きく打鍵しやすい。人によって判断が分かれるのは、半角/全角キーがA〜Zキーなどと比べてハーフサイズであるところだろうか。11.6型のキーボードしては、かなり仕上がりがいいため、フルサイズのキーボード派でも意外とすぐになじめる人が多いだろう。

変則レイアウトといえば、変則レイアウトになるが、意外にも打ちやすいキーボードに属している

 キーボード分離型タブレットのメリットは、長時間の操作をしてもキーボード面が極めて熱を持ちにくいという点だ。単純な話で、CPUといった熱源が本体側にあるため、キーボード・ドッキングステーションが有する熱源はバッテリーくらいなものなのだ。そのため、キータッチのときに不快な温度が気になるということがない。

富士通 STYLISTIC QH

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

カテゴリートップへ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通