このページの本文へ

CLOUD CENTER for Windowsで構築するプライベートクラウド 第3回

CLOUD CENTER for Windowsで情シスはなにを得る?

移行でどこが変わった?ビットアイルにクラウド移行を聞く

2013年03月01日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp 写真●曽根田元

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビットアイルが考える理想のクラウド移行

 サーバーの仮想化やクラウド導入というと、おおげさなアーキテクチャ論に発展することも多い。しかし、ビットアイルでの話を元にすると、複雑なレガシーシステムが存在していないという条件は大きいにせよ、実際の作業は意外とシンプルだ。基本はサーバーを仮想化し、System Centerで統合管理されたWindows Serverの基盤に載せるだけである。ビットアイル クラウドビジネス本部サービス開発部 主任 鎌田健太郎氏は、「オンプレミスと変わらないシステム構成がとれます。その一方で、仮想化基盤/プライベートクラウドとしての強みを活かせます」と、クラウド移行に最適なCLOUD CENTER for Windowsのメリットをこう説明する。

ビットアイル クラウドビジネス本部サービス開発部 主任 鎌田健太郎氏

 とはいえ、一般的には段階を踏んでクラウド化を推進する場合が多いようだ。鎌田氏は、「まずは人事サーバーやグループウェアなどやりとりするデータが軽めのサーバーをクラウドに移し、オンプレミスとクラウドのActive Directoryをセキュアなフレッツダイレクトアクセスなどで同期させるというパターンが多いようです」と語る。こうしたハイブリッドクラウドを経た後、ファイルサーバーのようなサーバーを移行するのが一般的だという。

 また、物理サーバーをクラウド移行するにあたって必要なサービスをパッケージ化した「CCfWクラウド移行支援パック」という有償オプションも用意されている。まず、ユーザーはマニュアルを見ながら、ビットアイルからユーザーに送付されたNASにシステムのOSイメージ(VHD)を取り込む。そして、このNASを返送すると、ビットアイルはOSイメージをライブラリーサーバーに展開する。あとはユーザー拠点にビットアイルのパートナーが訪問し、ライブラリサーバーのOSイメージから仮想マシンを作成する。OSの稼働を確認することで、作業は完了する。移行作業のアセスメントやサイジング設計、アプリケーションのインストール・設定作業も別途有償で提供されるので、移行の手間や負担を抑えることができる。

クラウド移行するにあたって必要なサービスをパッケージ化した「CCfWクラウド移行支援パック」

 一方、クラウドで課題となるネットワークに関しても問題ない。ハイブリッドクラウドで運用するにせよ、完全にプライベートクラウド化するにせよ、ビットアイルはさまざまなネットワークを選択できるからだ。

 インターネット接続に関しては、ファイアウォールやロードバランサーやDNSサーバーを標準提供するほか、データセンター内での機器設置、レンタルなども行なっている。VPNはWebブラウザ上から簡単に利用できるSSL-VPNやセキュアで安価なフレッツダイレクトアクセスが選択可能。ビットアイルのデータセンター内でシステム同士をL2レベルで接続する「BI-VLAN」というサービスもあるので、既存システムとの統合も問題ない。「独立系のデータセンターなので、通信事業者を選ばないという強みもあります」(鎌田氏)。

 CLOUD CENTER for Windowsは、ネットワーク、サービス用Active Directory、ストレージなど主要コンポーネントが冗長構成になっている。また、ホストサーバーを冗長化構成にしておけば、障害時には仮想マシンもライブマイグレーションで自動的に移動する。そのため、基本的にサービスの停止はないが、サポートはメールで24時間365日受け付けている。導入後も安心して利用できる。

(次ページ、次のWindows ServerもオンプレミスでOK?)


 

カテゴリートップへ

この連載の記事