このページの本文へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第32回

withの皮をかぶったNEXT! AQUOS PHONE EX自腹レビュー

2013年02月17日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メーカーアプリやカメラもチェック
カメラはクセがちょっと気になるかも?

 メーカーアプリは全体的に減少方向にあり、どちらかというとホームUIやウィジェットに比重が置かれ始めているが……。ASCII.jpの読者はホームUIを購入直後に変更する人が多いであろうし、カスタマイズがデフォだと思われるため、軽く触れておくに留めよう。オンスクリーンのボタンにはバックキー、ホームキー、メニューキーに加えて、アプリ使用履歴キーがある。SH-09Dにもあった独自キーで、タスクマネージャー的に使えて、アプリの一括終了も行なえるなどけっこう便利なものだ。また、アプリ使用履歴キー長押しで、クイックツールボックスの呼び出しも可能になっている。

 ホームUIにはdocomo Palette UIとFeel UX(ロック画面)、3ラインホーム(ホーム画面)が用意されている。docomo Palette UIと3ラインホームは登場して一定期間が過ぎているのもあり、こなれてきた印象だ。筆者はロック画面をFeel UX、ホームをdocomo Palette UIにしている。フィーリング的にどうも3ラインホームが使いにくかっただけの判断だ。Feel UXはロック状態からカメラやメールアプリの起動(パターンなどを設定している場合は入力が必要なのだが)できるため、docomo Palette UIのロック画面よりも便利だ。

画面右下にあるアプリ使用履歴キーを長押しでランチャーが表示される。登録アプリの変更は可能だ。なかなか便利

Feel UX。ウェルカムシートで待受画像を変更できるほか、3つのアプリをセットできる。微妙にカメラアイコンが見切れているのは、スクリーンショットの操作時の影響によるもの

How toも豊富なので、はじめてのスマホにも良さそうだ

回線速度に左右されるのもあるが、しゃべってコンシェルの挙動もスムーズだ

 女性向けスマホとしてアピールされているため、ビジンメークナビという資生堂の化粧品をカメラでリアルタイムにチェックできるアプリも用意されているのだが……、まぁなんだ、男子が使うのはネタ写真のときくらいだろう。レディーに試用してもらたっところ、大まかなイメージをつかむにはOKとのこと。

顔を検出してアイシャドーやチーク、リップカラーを疑似的に確認できる。写真は暗くてちょっとわかりにくいが、アイシャドーとリップが有効になった状態

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン