このページの本文へ

エアバスA380で行く微笑みの国タイで、オタク事情を探る!第3回

レイヤーの意識が日本とは違うタイのコスプレ事情

2013年02月16日 18時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コスプレ専門誌編集長に聞く
タイのコスプレ環境

 日本のコスプレイヤーであれば、誰もが知っているであろうコスプレ専門誌「COS MODE」(インフォレスト刊)。同誌にタイ版の「COSMODE THAILAND」があることは、日本ではあまり知られていない。
 「COSMODE THAILAND」は、約2年前に日本の出版社と提携したタイの出版社から隔月で刊行されることになり、現在は毎号1万部を発行する人気雑誌となっている。

「COSMODE THAILAND」はタイの書店・コンビニなどで110バーツ(約330円)で隔月発行中。表紙には、タイのコスプレイヤーさんたちを起用している

 掲載内容の約6割は、タイのコスプレイヤーの活動や、タイのイベントレポートなど、タイ版のオリジナル記事となっている。そして、髪型やメイク、撮影といったノウハウに関するページは、日本語をタイ語に翻訳して掲載している。
 そんな「COSMODE THAILAND」を生み出し、現在も編集長して活躍する滋野真琴さんに、タイのコスプレ事情とそれらを取り巻くオタク文化について話を聞いてきた。

福岡県出身の滋野真琴さんは、14年前に単身でタイに渡り、2年前より「COSMODE THAILAND」の編集長として活躍する在タイ邦人。タイのコスプレイベントでコンテストの審査員を務めるなど、タイコスプレ界のオピニオンリーダーの1人だ

━━タイで、日本のアニメや漫画の人気はいかがでしょうか?

【滋野】 タイで放送しているアニメは、日本産かアメリカ産のどちらかです。アニメに限らず小さな子供向けの作品は、アメリカの作品が強いですが、アニメやコミックといったら日本の作品が90%以上です。ちなみにゲームは、PSPやニンテンドーDSも人気はありますが、韓国のオンラインゲームが圧倒的な人気です。

━━先日MBKセンターを見てきました。意外にも日本のアニメの海賊版を販売しているショップが少なかったように感じたのですが、これはなにか理由があるのでしょうか?

【滋野】 海賊版対策として、タイの映画会社などが日本とライセンス契約を結んで、1500円くらいの低価格なDVDシリーズを発売しているのが大きく影響していると思います。日本のパッケージが欲しいけど、高すぎて手が出ない。けど、せっかく持つなら正規品がいいというが心理の根底にあるのと、海賊版はやはり画質が悪いですから。オタクなら誰でも綺麗な画質で見たいじゃないですか。

━━低価格な正規品の流通があるんですね。ちなみに日本との流行に時差はありますか?

【滋野】 DVDなどをパッケージで発売するには時間がかかりますが、みんなネットで情報を得ているので、流行はほぼリアルタイムで入ってきます。なので、コミックやライトノベルよりも先にアニメで作品を知るということも多いです。

━━ということは、タイのアニメオタクは日本語の理解度が高いと?

【滋野】 一般のタイ人から比べると非常に高いといっていいでしょう。あと、富裕層が多いので高学歴な人たちも多いです。タイのアニメファン全体だと、比率はわかりませんが、なんとなくわかるとかまったくわからないという層のほうが多いです。

━━日本語が理解できない人たちは、どうやって日本の最新アニメ情報を知るのでしょうか?

【滋野】 まず、アニメの放送ですが、字幕職人と呼ばれる人の活躍があります。彼らがインターネットを通じて入手した日本のアニメに、放送から2、3日でタイ語の字幕を付けて、日本語がわからない人でも見られるようにしてくれています。

━━アニメが日本と時差がないということは、コスプレの流行も時差はないのでしょうか?

【滋野】 現在だと「黒子のバスケ」や「銀魂」「青の祓魔師」など、日本とほとんど変わらない作品のコスプレが人気だと思います。

━━アニメ、コスプレファンには、富裕層が多いとのことですが……

【滋野】 学生は、富裕層から中流層の上位の子どもたちが多いです。社会人になると自分たちで稼げるようになるので、中流層の子たち全般が多いと思います。ただ、やはり誰でも手が出せるというわけではなく、日本と違って貧富の差が大きいので、一定以上の生活に余裕がないと、やはりオタク活動は続けにくいようです。

━━タイのコスプレイヤーも同様でしょうか?

【滋野】 日本に比べて布の価格が安いですが、それでもアニメの資料を手に入れて、衣装を作ってというのはお金も時間もかかるので、社会人なら肉体労働より頭脳労働の仕事に就いている人の方が多いです。

━━コスプレイヤーの男女比はどれくらいですか?

【滋野】 日本もそうですけど、圧倒的に女性のほうが多いです。男性のコスプレイヤーは少なくて、カメラマンがたくさんいます。日本と同じ現状です(笑)

━━日本では一部できわどい衣装のコスプレが問題視されていますが、タイでもそういった問題は抱えているのでしょうか?

【滋野】 タイでも露出系と呼ばれる子がまったくいないわけではありません。ですが数は極少数で、若い子が多いので、だいたいの場合は大人が注意してやめさせていています。タイは日本に比べると性描写に対する規制が厳しいので、アニメやコミックでも加筆修正が加えられることが少なくありません。暑い国なので薄着のイメージがあるかもしれませんが、暑すぎるので肌を露出することも少ないですし、色白信仰があるので、普段から露出は控えめなんですよ。

━━女性向けの作品でも規制は入っているのでしょうか?

【滋野】 ボーイズラブ作品も規制が入っています。そのほかに海賊版だったり、そうじゃなくてもタイでは地下出版と呼ばれるものがあります。タイはゲイが非常に多い国で、寛容に受け入れているように見えますが、50代以上になるとそれらの文化に嫌悪感を持つ人もいるので、ボーイズラブなどはなかなか受け入れられないかと思います。

━━ありがとうございました。

「COSMODE THAILAND」を発行するのはAnimate Group(日本のアニメイトと資本関係はない)という趣味雑誌や書籍を出版社。さしずめ、タイ版宝島社といったところだろうか?こちらは同社が発行している子供向けのアニメ誌。「BLUE DRAGON」に「仮面ライダーカブト」など、子供向け作品でも日本のアニメや特撮が認知されている様子がうかがえた
コスプレの雑誌以外にも、子供向けのアニメ誌やゲーム情報誌、ミリタリーなど発売ジャンルは多岐に渡っている。こちらはアニメ誌の編集部の様子。日本の我々の机より綺麗!日本と違って、タイの出版社は社内に印刷・製本工場を持っているのが普通とのこと

【関連サイト】

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ