このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第290回

「EXILIM ZR1000」は猫撮りにぴったりのコンデジだった!

2013年02月08日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ZR1000で横浜猫探し散歩

 ZR1000は何かとテキパキと動くので、あ、猫だ、と思ったらポケットからさっと出してモニターをパカッと開きながらしゃがんで、さっと撮れるのがいい。

 カメラを低い位置に構えて撮るときは、親指でシャッターを押すのが持ちやすくてお勧め。

 そんな感じで青空を背景に猫。

港の見える丘公園で見つけた猫。人なつこくて近づいてもまったく逃げる気配なし(2013年2月 カシオ EX-ZR1000)

港の見える丘公園で見つけた猫。人なつこくて近づいてもまったく逃げる気配なし(2013年2月 カシオ EX-ZR1000)

 動作がキビキビしてるので、一瞬のタイミングを逃しづらいのもいい。

 あ、ちょっと遠くにいる猫があくびした、と思ったら、ぐぐっとズームしてさっとシャッターを半押しして口が一番開くタイミングを狙って撮れるのだ。速いカメラってよいですな。

冬に超ふさふさ猫を見るとそれだけで暖かくなります。葉っぱがたくさんついてるのはふさふさ猫の宿命ってことで。あくびをしたのでその瞬間を狙ってみた。これも地面ギリギリで撮っております(2013年2月 カシオ EX-ZR1000)

冬に超ふさふさ猫を見るとそれだけで暖かくなります。葉っぱがたくさんついてるのはふさふさ猫の宿命ってことで。あくびをしたのでその瞬間を狙ってみた。これも地面ギリギリで撮っております(2013年2月 カシオ EX-ZR1000)

 と、ここまではフルオート(プレミアムオート)で気軽に撮ってきたのだけど、EXILIMはそれ以外にも面白い撮影機能をたくさん持ってる。たとえば「ぴったりショット」。超高速連写して、その中からカメラが勝手に「ぴったり」の1枚だけを選んで保存してくれるという機能だ。

 これはどのくらい使えるか。

 あくびなら狙って撮れるけど、池で水を飲んでる猫を撮りたい、どうせなら舌がぺろりと出てる瞬間を撮りたい。でも舌の動きが高速すぎて狙って撮るのは達人じゃないと無理。

 で、ぴったりショットで試しに撮ってみたら、みごと、舌を伸ばした瞬間が撮れてました、と。

池に沿って歩いていたと思ったら水を飲み始めた。舌をぺろっと出した瞬間を撮りたいと思ったのだけどうまくいかず、試しに「ぴったりショット」を使ってみたら簡単に撮れましたとさ、という図(2013年2月 カシオ EX-ZR1000)

池に沿って歩いていたと思ったら水を飲み始めた。舌をぺろっと出した瞬間を撮りたいと思ったのだけどうまくいかず、試しに「ぴったりショット」を使ってみたら簡単に撮れましたとさ、という図(2013年2月 カシオ EX-ZR1000)

 撮った当人もびっくり。偶然かもしれないので、似たようなシーン(水飲みや毛繕いなど)を7回ほど狙ってみたら、外したのは1回だけだった。かなりの確率だ。

 大量に撮った中からピンクの舌が出てるカットを、他とはちょっと違うからこれに違いない、と選んだんだろうねえ。

 気軽に持ち歩いて気軽にさくっと猫を狙うのに面白いカメラですわ。ほかにも「膝猫を撮るならこれだ!」的機能とか、HDRアートとか、カシオらしい面白い機能満載なのだけど、それはぼちぼちと紹介していく予定。

 さて、最後の3枚は横浜の山手で撮った猫写真でした。実はこの日、横浜でたくさん猫に出会って、ZR1000を含む3台のカメラで大量に猫を撮ったので、来週からしばらくは横浜編になる予定です。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイ ン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩で、天気がいい日は自転車で都内を走りながらネコを探す日々。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン