このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

業界人の《ことば》から第25回

オービックビジネスコンサルタント・和田成史社長の言葉から:

奉行シリーズでは、65%がWindows XP環境で動作している

2013年02月05日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

へび年だけに、2013年はIT業界にとって脱皮の年?

 それに向けて、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会も体制強化に余念がない。

 同協会では、2012年12月に、理事10数名が箱根で合宿して、議論を行い、「今後、委員会、研究会活動に情熱を持って取り組み、盛り上げていくことを全会一致で決議した」という。

 技術、人材育成、市場、政策、総務といった5つの委員会と、それに連なる研究会活動を活性化。「市場変化を捉えた研究会活動を加速し、会員各社から要望があれば、研究会を作り、予算を割り振り、アクティブな協会にしていく」とする。

 さらに、クラウド時代を見据えて、そのベースとなるパッケージソフトの品質認証制度を確立。「ここに力を注ぐことで、クラウドをスムーズに立ち上げる土台にしていきたい」と語る。

 そのほか、国際活動を「従来の中国中心から、インドネシア、ベトナム、タイ、ミャンマーといったアジア全体へと広げていく」とする。  「社会の変化に対応して、協会も変化していきたい」と、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会自身も脱皮していく姿勢をみせた。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ