このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ゲーミングPC「NEXTGEAR-NOTE i770SA2」レビュー

鮮やかで高速!マウスがNTSC比95%液晶のGTX670MX搭載ノート

2013年01月31日 14時00分更新

文● 相澤正誠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 拡張性バツグンのデスクトップから持ち運び可能なモバイルノートPCまで幅広いラインナップ、高性能でありながら低価格、さらに手厚いサポートもあり、多くのゲーマーの支持を集めるマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」。ハイスペックを凝縮した新ノートPC「NEXTGEAR-NOTE i770SA2」が登場した。クアッドコアのCPU、ハイエンドなGPUなど基本スペックが高いのはもちろん、色の表現力に優れる液晶、サブウーファーまで備えるサウンド環境と“すべてが充実”といえる1台となっている。

Windows 8対応のゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i770SA2」

ハイエンドCPU&GPUと充実の基本スペック

 充実の装備が魅力の「NEXTGEAR-NOTE i770SA2」だが、まずは基本スペックから見ていこう。CPUはクアッドコアの「Core i7-3630QM」を搭載。クロックは2.40GHzで、TurboBoost時には最大3.40GHzとなる。ハイパー・スレッディングにも対応しており、同時に8スレッドまで処理が可能だ。メモリは8GBで、ストレージは1TBのHDDとなっている。ゲーミングPCの心臓部といえるGPUには、NVIDIAのノート用GPUとしては上位に位置する「GeForce GTX670MX」を採用。CUDA Core数は960基、コアクロックは600MHz、メモリクロックは2800MHz相当となっている。

天面は梨の表面のように仕上げる梨地加工が施され、心地よい手触りとマットで落ち着きのあるブラックとなっている

 もちろんBTOにも対応しており、CPUはCore i7-3840QM(4コア/2.80GHz/TurboBoost時最大3.80GHz)など、4種類から選択が可能。メモリは最大16GBまで、ストレージはmSATAサイズのSSDと2.5インチのHDDを組み合わせられるなど、高速なデータ転送と大容量の両方を実現できるのが大きな魅力となっている。このほか、光学ドライブには記録型のBDドライブなどを用意。ゲーミングPCらしく、マウスやヘッドセットの種類も多い。

主なスペック(標準モデル)
製品名 NEXTGEAR-NOTE i770シリーズ
型番 NEXTGEAR-NOTE i770SA2
直販価格 12万9990円
CPU Intel Core i7-3630QM(2.4GHz)
チップセット Intel HM77 Express
メインメモリー 8GB(最大32GB)
ディスプレー(最大解像度) 15.6型液晶(1920×1080ドット)、グレア液晶(NTSC比95%、LEDバックライト)
グラフィックス機能 GeForce GTX 670MX(3GB)
ストレージ 128GB SSD+1TB HDD
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0+LE
インターフェース USB 3.0端子×2、eSATA /USB 3.0コンボ端子、USB 2.0端子、DVI-I端子、HDMI端子、DisplayPort端子、200万画素ウェブカメラ
カードスロット マルチカードリーダー(SD/SDHC/SDXC、メモリースティック/PRO/Duo、マルチメディアカード対応)
テレビ機能 -
サウンド機能 ヘッドホン端子、マイク端子、ラインイン端子、SPDIF出力端子(丸型)
本体サイズ/重量 幅374×奥行き264×高さ44mm/約3.16kg
バッテリー駆動時間 約3.5時間
OS Windows 8(64bit)


マウスコンピューター/G-Tune

(次ページ、「NTSC比95%!色の再現度が高い鮮やかな液晶を搭載」に続く)


 

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ