このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第288回

オリンパス「XZ-2」のデジタルフィルター6種類で猫撮り!

2013年01月25日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

夕暮れの街で効果的なフィルターはコレ!

ラフモノクローム。ふてぶてしいほど人なつこいキジトラが丸くなって目を閉じてたのでそっと寄って撮ってみた(2012年12月 オリンパス XZ-2)
ラフモノクローム。ふてぶてしいほど人なつこいキジトラが丸くなって目を閉じてたのでそっと寄って撮ってみた(2012年12月 オリンパス XZ-2)

 続いて外猫編。夕暮れでもう暗くて、ISO感度を上げないと撮れないけどノイズがのってしまうなあ、というときはいっそのことラフモノクロームでわざとざらつきのある写真を。白黒がはっきりするので、肝心の猫が黒く潰れたり真っ白になったりしないよう露出補正をうまく使うべし。

ライトトーン。都内の福祉車両専門店。いついてしまった猫を世話してるらしい。確かに車の下は猫が好きなスポットだけど、車を出すとき轢いちゃわないよう気を使ってるに違いない(2013年1月 オリンパス XZ-2)
ライトトーン。都内の福祉車両専門店。いついてしまった猫を世話してるらしい。確かに車の下は猫が好きなスポットだけど、車を出すとき轢いちゃわないよう気を使ってるに違いない(2013年1月 オリンパス XZ-2)

 地味なフィルターで使いどころが難しいのだけど「ライトトーン」というのがある。全体に明るく爽やかな雰囲気に仕上げてくれる。メカっぽい場所だったのだけどあえてライトにしてみた。

リーニュクレール。さっきの写真と同じ猫に見えるかもしれないが、実は違うのだ。たぶん、こっちが子供(「チビ」と呼ばれてたから)。地面ギリギリにカメラを置いて撮ってみた(2013年1月 オリンパス XZ-2)
リーニュクレール。さっきの写真と同じ猫に見えるかもしれないが、実は違うのだ。たぶん、こっちが子供(「チビ」と呼ばれてたから)。地面ギリギリにカメラを置いて撮ってみた(2013年1月 オリンパス XZ-2)

 同じ場所でもう1匹。今度はイラスト調にしてくれる「リーニュクレール」で。フランス語であるが、イラスト調にし、ピントが合ったところだけ黒い枠線をいれてはっきりさせるのがポイント。自転車や車やタイヤの生々しさがなくなって猫がうまく溶け込んでくれた。

 さていよいよ最後の1枚。

 アートフィルターで一番ハデなもの、といえば「ドラマチックトーン」。何気ない日常をドラマチックにしちゃうのだ。

ドラマチックトーン。こっちを警戒してるので無理に近寄らずに遠くからそっと。ドラマチックトーンだと縁台や花の寂れた感じが強調されて雰囲気が出る(2013年1月 オリンパス XZ-2)
ドラマチックトーン。こっちを警戒してるので無理に近寄らずに遠くからそっと。ドラマチックトーンだと縁台や花の寂れた感じが強調されて雰囲気が出る(2013年1月 オリンパス XZ-2)

 これで風景を撮ると世紀末っぽい事件が起こりそうな雰囲気になるから「世紀末フィルター」という人もいるくらい。それで猫を撮るとこんな風になる。周りに色があるとそれが強調されてより生きてくるので、インパクトのある写真にしたいときは是非。というか、いろんなものが強調されるので、つい使いたくなるのだ。

 フィルター撮影で難しいのは、撮る前にどのフィルターにするか考えてる余裕がなかったり、フィルターを選んで撮ったはいいが「しまった、あっちのフィルターにすればよかった」だったり。

 だから、慣れないうちには「アートフィルターブラケット」を使うといい。1回のシャッターであらかじめオンにしておいたフィルターをかけまくってくれる機能があるのだ。

 シャッターを押すたびに11枚の写真を撮られてはかなわんのだが、ノーマルな写真も含めてそれぞれオン/オフできるので、気に入ったフィルターを4~5種類セットしておいて保険でノーマル写真もオンにしておいて、ブラケットで「えいやっ」と撮るのがお勧め。

 同じ写真でもフィルターで雰囲気がここまで変わるんだなあと思うだけでも楽しい。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイ ン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩で、天気がいい日は自転車で都内を走りながらネコを探す日々。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン