このページの本文へ

オープン直前の上海問屋で見かけたヘンテコアイテム

2013年01月23日 23時29分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラ パーツ館の3階に、上海問屋のリアルショップ「上海問屋コーナー」が25日にオープンする。本日報道関係者向けの内覧会が行われたので、明後日オープンする店内を紹介しよう。

ドスパラ パーツ館の3階に、上海問屋のリアルショップ「上海問屋コーナー」が25日にオープンする

 上海問屋は、エバーグリーンが運営するPC関連・カー用品・アウトドア・雑貨・知育玩具などを取り扱う通販サイト。「実際の商品を手にとって、お試しいただき納得してお求めいただける」をコンセプトに、今回実店舗を展開することを決定したとのこと。

オープンを記念したラジコンカー(非売品)を展示していた。このラジコンにはNUC規格のマザーボードが搭載されている

 そのコンセプト通り、店内はじっくりと商品に触れるようになっている。キーボードやマウスはその操作性を試せるし、ヘッドフォンは視聴が可能だ。「ネット通販では伝わらない実機の良さを確認できるのが実店舗の利点」だとショップのスタッフも語っていた。なお、オープン直後は、通電してすべての性能を確かめられる実機サンプルが少ないが、順次サンプルは増やしていくという。

気になる商品の数々

定番のキーボードや3.5インチベイアクセサリーなどが充実
エルゴノミクスデザインのマウス(2999円)。操縦桿のように握って操作する。DPIの変更もできる
マウスステッィク付きワイヤレスキーボードマウス(2999円)。これでまじめに仕事をしても、遊んでいるようにしか見えない!ヒーター内蔵の光学式USBマウス(1499円)。冬のネタアイテムに最適
USB接続のmicroSDカードリーダーはなんと99円!13種類のメディアに対応したマルチカードリーダーは499円
各社のインクジェットプリンター用の互換インクも豊富にラインナップ自作erが重宝する、風速計や騒音計も販売している。小型かつ安価なのがうれしい
オーディオコーナーにはデジタルアンプやヘッドフォン、スピーカーが並ぶ。商品を視聴して聴き比べができるように準備中とのこと
なんとカメラ関連の商品も充実している。各種フィルターやフラッシュ、三脚などが取り揃っている
スマホグッズも豊富。ケーブルやケースを多数扱う
針もデジタル表示もない、LEDのゲージで時刻を見る新感覚腕時計(1499円)。だんだんヘンテコなグッズが増えてきた
アンドロイド風のACマルチ変換アダプター(799円)。海外旅行用の電源プラグセットだフサフサしたスマホ対応手袋。価格は100円!
microSDカードに保存された動画を再生可能なマルチメディアプレーヤー付き計量器(3999円)。なぜ計量器で動画を再生する必要があるのか、突っ込んではイケナイドン◯ホーテで販売していそうなアロマディフューザーやUSB加湿器なども販売している
単なるメッセージカードと思いきや、開くと動画が再生されるというビデオメッセージ グリーティングカード(1499円)
目の前を通ると、センサーが反応して自動的に赤外線カメラで撮影するカメラ。野生動物の撮影や防犯カメラに最適こちらは暗視装置。なんだか秋葉原らしいというか、ガード下の怪しいお店で売っていそうな商品があるのがおもしろい
狭い場所を観察するための、3.5インチ液晶搭載 蛇腹マイクロスコープ(1万2999円)LED内蔵のピンセット(299円)。狭いところの物を取るのに便利そう!
4.3インチの液晶内蔵のルームミラー型ドライブレコーダー(6999円)など、自動車関連のグッズも多数取り扱う靴に取り付けるスパイク(999円)。雪の日に重宝する

 ざっと紹介しただけでも、これだけのおもしろグッズがあった。店内にはまだまだいろいろな商品があるので、オープンしたらぜひ訪れてみるといいだろう。実機を触れば欲しくなるアイテムが満載だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中