このページの本文へ

ドコモ2013春モデル発表会 フルHD機多数&注目は「Xperia Z」だ! 第12回

【フォトレポ】急激に進化したドコモ春スマホをネッチリ触った!

2013年01月24日 00時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

1.7GHz動作のクアッドコアCPUを搭載!
LGエレクトロニクス「Optimus G Pro L-04E」

 最大の注目は、国内スマホ最大容量の3000mAhバッテリー。本体を薄くするため、バッテリーや背面カバーは取り外せないタイプである。バッテリー交換時は修理依頼の必要があり、費用は同等品と同じく7000円前後の見込み。

バッテリー容量は春モデル最高クラスの3000mAh!

海外メーカー製端末だが、国内市場向けにストラップホールを搭載する。ストラップホールは左側面下部にある

背面カバーを取り外せないため、microSIMカードは、右側面から出し入れする

 CPUは1.7GHz動作のクアッドコアCPU(Snapdragon S4 Pro APQ8064)を採用。「ARROWS X F-02E」と並び超高速である。CPU負荷の高い処理を軽々こなせるのがスゴイ。例えば任意の画面上に、対応アプリの画面を同時に最大2種類まで表示できる「Qスライドアプリ」。動画を再生しながらウェブサイトを閲覧したり、ウェブサイトを見ながら予定を確認したり、といった使い方ができる。しかも、各対応アプリのウインドウサイズをドラッグで変更したり、ドラッグ&ドロップで移動する際もきわめてスムーズに動作する。対応アプリはブラウザー/カレンダー/動画/電卓の4種類に固定されている。

いわゆる“ながら操作”ができる「Qスライドアプリ」は、このCPUパワーのおかげだ

CPUパワーをフルに活かした
「デュアル録画」機能が楽しい!

 CPUパワーのおかげで、カメラもこれまでにないユニークな使い方ができる。「デュアル録画」という動画撮影モードを利用すると、背面カメラと前面カメラで同時に動画を撮影可能。テレビのバラエティー番組などでよく見る、小さな画面入りの動画が撮れる。またスマホでは珍しく、動画撮影時に任意の音声にフォーカスできる。任意の被写体にズームインすると、同時にその被写体の音声のみを大きく録音してくれる。

風景写真に自分の顔を重ねて撮影できる「デュアル録画」

本物のリモコンのように使えて便利なのが、赤外線を利用したリモコンアプリ。機器の追加はできないが、国内で販売中のテレビやエアコンなど多くの機種がプリセットされる予定。機器のメーカー名を選択すれば簡単に利用できる。赤外線ポートは珍しく本体上部にあり、利用時のスタイルも本物の赤外線リモコンのようだ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン