このページの本文へ

おまかせボイス機能で、マイク感度を自動調整

ソニー、ハイレゾ音源の再生にも対応したICレコーダー

2013年01月28日 13時30分更新

文● 八木澤健人/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは28日、ICレコーダー「ICD-SX1000」「ICD-SX734」を発表した。市場推定価格はSX-1000が2万7000円前後。SX734が2万円前後。発売日は両機とも2月21日となっている。

ハイレゾ音源に対応したSX-1000

 SX-1000は92kHz/24ビットでの高音質録音、192KHz/24ビットのハイレゾ音源の再生に対応するモデル。同社のフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載し、音のひずみや劣化を抑え、原音を忠実に再現するという。また、3つの指向性マイクを内蔵し、集音対象以外のノイズを抑制するズーム録音と、広がりのある音で録音するステレオ録音が可能になっている。内蔵メモリーは16GB。カラーバリエーションはブラックとレッドの2色。

ICD-SX-1000はブラックとレッドの2色が用意される

価格を抑えたSX-734

 SX-734は44kHz/16ビットでの録音/再生に対応するモデル。内蔵メモリーは8GB。カラーバリエーションはシルバーの1色。

ICD-SX-734

 両者ともおまかせボイス機能を使用することで、マイク感度を自動で調整し雑音を拾いにくくする。内蔵メモリーのほか、MicroSDへの録音にも対応。また、録音時に非圧縮のリニアPCMと圧縮したMP3の2種類のファイルを作成する「デュアルレコーディング」に対応する。スライド式のUSB端子を搭載し、PCに直接録音ファイルを転送できる。

USBでPCと接続し直接転送が可能

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン